荒田佑大前科あり!長男虐待を携帯撮影していた!Facebookも


当時生後5カ月の次男に暴行し頭に重傷を負わせたとして、父親の荒田佑大容疑者(26)が逮捕されました。

荒田佑大容疑者の前科、Facebook、顔画像についてまとめました。

 

楠本大樹Facebookアカウント特定「刺青は両腕背中から太ももまで」大阪府堺市

岡村真仁家族「妹はトラブルメーカー」問題行動で通報の過去

 

 

荒田佑大前科あり!長男虐待を携帯で撮影してた

荒田佑大容疑者は今回次男への虐待で逮捕されましたが、実は過去に長男虐待で逮捕起訴されていました。

 

荒田容疑者は令和元年12月に泉大津市内の自宅で、当時生後7カ月の長男の顔にボールを6回投げつけたとする暴行容疑などで逮捕、起訴されている。

引用:Yahoo

 

約3年前には当時7ヵ月だった長男に虐待したとして逮捕されていることが判明した荒田佑大容疑者。長男への虐待内容は次の通り。

 

  • 長男の顔にボールを6回投げ付ける
  • 持ち上げて別途に落とす
  • 肘に噛みつく

 

生後7ヵ月と言えばまだあることもできない赤ちゃんです。顔にボールをあてるなんて同じ人間のすることではありません。何が面白いのか理解に苦しみます。

 

さらには長男への虐待の様子を携帯で撮影していたというから空いた口が塞がりません。長男への虐待で逮捕起訴されていた荒田佑大容疑者。

 

令和元年12月に長男虐待で逮捕起訴、令和三年12月には次男虐待。わずか2年の間に二回の逮捕。親になることをもっと慎重に考えることはできなかったのでしょうか。

 

楠本大樹Facebookアカウント特定「刺青は両腕背中から太ももまで」大阪府堺市

岡村真仁家族「妹はトラブルメーカー」問題行動で通報の過去

荒田佑大Facebook

荒田佑大容疑者のFacebook顔画像を調査します。検索に「荒田 佑大」と入力すると3人の荒田佑大さんアカウントがヒットします。

 

 

二つはプロフィール写真がありませんが、一つはプロフ顔画像があります。顔画像をみると20代のように見えます。

 

また荒田佑大容疑者住所は兵庫県加古川市だということが分かっています。上のFacebookのプロフ画像があるアカウントの住所は兵庫県加古川市。

 

上のアカウントが年齢や住所から荒田佑大容疑者のもだという可能性はあります。高校や大学の記載はありませんが、専門学校や就職先については記載があります。

 

しかし同姓同名の別人の可能性もありますので、モザイクをかけて掲載しております。続報が入り次第追記していきます。

 

楠本大樹Facebookアカウント特定「刺青は両腕背中から太ももまで」大阪府堺市

岡村真仁家族「妹はトラブルメーカー」問題行動で通報の過去

荒田佑大顔画像プロフィール

荒田佑大容疑者顔画像は次の通りです。

 

 

短く切り揃えられた髪型、眼鏡の奥に見える鋭い目つき。少し近寄りがたい印象もある荒田佑大容疑者。

 

プロフィール
  • 名前 荒田佑大(あらたゆうだい)
  • 年齢 26歳
  • 住所 兵庫県加古川市神野町石守
  • 職業 不詳
  • 容疑 傷害の疑い

 

職業不詳とあります。無職ではないということなのでしょうか。

 

まだ右も左も分からない幼い子供にとって一番安心できる存在である父親や母親。その父親から虐待を受けた幼い兄弟がこれから健やかに成長する

 

楠本大樹Facebookアカウント特定「刺青は両腕背中から太ももまで」大阪府堺市

岡村真仁家族「妹はトラブルメーカー」問題行動で通報の過去

 

事件概要

事件概要は次の通り。

傷害の疑いで逮捕されたのは、兵庫県加古川市に住む職業不詳、荒田佑大容疑者(26)です。

大阪府警によりますと、荒田容疑者は2021年12月、当時住んでいた大阪府泉大津市の集合住宅の一室で、当時生後5か月の次男の額にかみつくなど、暴行を加えた疑いと、頭部に何らかの強い衝撃を加える暴行を加え、意識回復の見込みのない硬膜下血腫などの傷害を負わせた疑いです。

容態が急変したことで容疑者が119番通報、救急隊が到着すると心肺停止の状態だったということです。

翌朝、こども家庭センターから泉大津署に「5か月の男児が心肺停止状態で病院に搬送された。集中治療室に入院中。原因は不明」と通報があり、警察が把握しました。

取り調べに対して荒田容疑者は「全て黙秘」と話しているということです。

次男は、1歳6か月になった現在も意識不明で、医療機関に入院中だということです。

引用:Yahoo

 

2021年12月4日午前、当時住んでいた大阪府泉大津市内の集合住宅の一室で、次男の額に噛みついたり頭部に何らかの方法で強い衝撃を与えたことが分かっている荒田佑大容疑者。

 

生後間もない赤ちゃんの頭部は柔らかくて傷つきやすいもの。それなのに噛みつくってどういうことなのでしょうか。

 

それも自ら119番通報して「心臓マッサージをするとき、あわてて床に下ろして頭をぶつけてしまった」などと嘘の説明をしていたといいます。そして現在も次男は入院中で回復の見込みがありません。

 

更に現在は「すべて黙秘で」と証言を拒んでいることが分かっています。119番通報で虚偽の説明をしていたことや証言をすべて拒否していることから、反省の色は見られません。

 

長男について現在どこでどういう暮らしをしているのか分かっていませんが、長男が健やかに成長できることを願わずにはいられません。

楠本大樹Facebookアカウント特定「刺青は両腕背中から太ももまで」大阪府堺市

岡村真仁家族「妹はトラブルメーカー」問題行動で通報の過去




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です