井上義行家族は5人「癒し系嫁&3人の子供」主張が統一教会と同じ


2022年7月10日の参議院選挙で当選した井上義行議員。井上よしゆき議員は第1次安倍政権時に首相秘書官をつとめた安倍元首相の側近です。

井上義行議員の家族、嫁(妻)、子供についてまとめました。

山上徹也兄の自殺理由「大病治療より寄付優先の母に絶望」一家離散

山上徹也父親も自殺だった「母親洗脳でノイローゼ」家庭崩壊の始まり

山上徹也経歴「応援団なのに目立てない陰キャ」安倍元首相狙撃事件

井上義行は5人家族

井上義行議員は5人家族です。

  • 長男
  • 長女
  • 次女

井上義行議員は嫁・長男・長女・次女の4人家族です。今回の参議院選挙活動中には「家族をしっかりすること」という独特な考えが大炎上していました。

自民党・井上義行の性的マイノリティ差別発言が止まらない。しかも今回は「いろんな考え方がある」として「病気」とも言及。信じられないレベル。
さらに「同性婚を国として認めてしまったら男女という2000年の歴史、これから始まった人類が、僕は否定されてしまうと思う」と発言。理解できない。

性的マイノリティに対する偏見が色濃く残る井上義行議員の演説。一言で言うと時代遅れ、時代に合わせて新しい考え方インプットしてこなかったことがよく分かります。同性婚を認めること=人類の否定という飛躍しすぎた考え方に驚きを隠せません。

山上徹也兄の自殺理由「大病治療より寄付優先の母に絶望」一家離散

山上徹也父親も自殺だった「母親洗脳でノイローゼ」家庭崩壊の始まり

山上徹也経歴「応援団なのに目立てない陰キャ」安倍元首相狙撃事件

顔画像|井上義行嫁は癒し系美女

井上義行議員の嫁の顔画像はこちらです。

笑顔がとても柔らかくて癒し系の女性です。

マスクをしていると優しそうな目元が一層際立っています。良き妻・良き母であることは間違いありません。

井上義行議員の妻の名前は明らかになっていません。また年齢については井上義行議員よりは年下であることが分かっています。

井上義行さんって こんな人

・国を愛する思いが強く、国民の最善を一番に考えてくれる人

・家族想いで年下の奥様にぞっこん

・人の痛みが分かり、他の政治家にない視点を持っている

・Youtuberとしても才能を発揮!?

井上義行議員は2022年7月現在年齢59歳です。井上義行議員の妻は年下だということが分かっていますので、年齢は58歳以下。推測すると50代前半といったところでしょうか。

井上義行議員は年下の嫁をとても頼りにしていることがわかるツイートを発見しました。

熱中症対策: 毎日2時間くらい駅立ちしていると・・・時々クラクラ
するときがあります。
先週、うちの妻にクラクラすると言ったら・・・・
塩分が足りないと・・・各種飲料水を買ってきてくれました・・・・
今日は、熱中警報塩JOY…

7月の暑い中で2時間も演説していると本当にふらふらしてきちゃいますよね。夫の体調を気遣う優しさをもった女性であることが判明。井上義行議員が愛妻家であることは選挙スタッフに暴露されていましたが、妻も夫を思っている相思相愛の夫婦なのです。

後述しますが、子供の年齢から推察すると結婚20年以上の井上夫妻。ツーと言えばカーと言うような気心知れまくりの夫婦関係が手に取るように伝わってきます。

山上徹也兄の自殺理由「大病治療より寄付優先の母に絶望」一家離散

山上徹也父親も自殺だった「母親洗脳でノイローゼ」家庭崩壊の始まり

山上徹也経歴「応援団なのに目立てない陰キャ」安倍元首相狙撃事件

井上義行子供は3人「一男二女」

井上義行議員の子供は三人、一男二女です。

3歳の次女から発生した風邪が小6長男に移り
まだ治りません。小3の次女は昨日鼻声・・・・
でも元気に学校にいき続きをみる

2010年時点で井上義行議員の子供の年齢は次の通りです。

2010年時点の子供の年齢
  • 長男 11歳(小6)
  • 長女 8歳(小3)
  • 次女 3歳

2010年当時子供たちの年齢は、長男11歳・長女8歳・次女3歳です。そこで2022年現在の年齢を計算するために、12歳加算すると・・・

2022年子供の年齢
  • 長男 23歳
  • 長女 20歳
  • 次女 15歳

2022年現在長男は23歳なので大学も卒業して社会人となっている可能性が高いです。父親の背中を見て育った長男。父親と同じ道を歩むべく政治家の勉強を始めているかもしれません。

長女は2022年現在年齢20歳。大学生活を謳歌している可能性が高いですね。さらに次女は2022年現在15歳なので中学3年生、意外と末っ子の方が父親の背中に憧れて密かに政治家を志している可能性だってあります。

井上義行家族も統一教会信者か

井上義行議員が旧統一教会から全面支援をうけて参議院選挙に臨んでいたことが、日刊ゲンダイによって報じられました。

7.10参院選で当選した自民党の井上義行議員が、旧統一教会から全面支援を受けていたことが発覚し、ネット上で<これも衝撃!>と驚きの声が上がっている。井上氏は、第1次安倍政権の時、首相秘書官をつとめた安倍元首相の側近だ。

引用:日刊ゲンダイ

安倍晋三元首相との旧統一教会の親密関係が注目を集めていたところに、安倍元首相の秘書官を務めたことのある井上義行議員が旧統一教会の賛同会員であることに衝撃が走っています。

さらにそれを裏付けるように、井上義行議員が演説で盛んに叫んでいた「3世代家族の暮らしの推進」。これは旧統一教会の思想そのもだということも発覚。

自民党の井上義行候補が演説で盛んに「3世代家族」を強調しているのが不自然だなあと思ったら、統一教会の理想の家族の形態が「親子孫3世代で生活する家庭」でした。
LGBT差別を含め純粋に教団に向けたメッセージのようです。

旧統一教会信者が安倍晋三元首相の奈良演説で「さくら」聴衆として動員されていたことが分かっているように、自民党選挙には旧統一教会の手厚いサポートがあったといっても過言ではありません。

旧統一教会による被害者が続々とマスコミに被害の実態を語っている現状をみると、自民党と旧統一教会との親密ぶりに不安を覚えるのは私だけではないはずです。

山上徹也兄の自殺理由「大病治療より寄付優先の母に絶望」一家離散

山上徹也父親も自殺だった「母親洗脳でノイローゼ」家庭崩壊の始まり

山上徹也経歴「応援団なのに目立てない陰キャ」安倍元首相狙撃事件




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です