南朝芽両親コメント全文「戻ってきたのは奇跡」たまらなく可愛いわが子


南朝芽さん遺体が発見されたことをうけて、南朝芽さん両親がコメントを発表しました。

大切なわが子、家族を失った悲しみの中で、南朝芽さん家族のコメント発表には本当に頭が下がる思いです。

南朝芽さん家族コメント全文です。

南朝芽さん家族コメント全文「帰ってきたのは奇跡」

南朝芽さん遺体が発見されたことをうけて、南朝芽さん両親がコメントを発表しました。コメント全文は次の通りです。

さやは小さい頃から食べられる物が少ない子でした。給食を食べることも大好きでしたが、家では好物の白ごはんと少しのおかずばかりを食べていました。

言葉もほかの子に比べたら少ししか知りません。しかしさやは本当に邪気のない、たまらなく可愛い女の子です。

さやは自分なりに自分が生まれてきたこの世界のしくみを理解し、さまざまな物に少しずつ触れるようになり、またさまざまな人と接していく中で時に私共を笑わせたり、時に慰めたりしてくれました。

さやは、小学校に通い始めて、まだ半年も経っていませんでした。大好きな電車ももっと乗りたかったでしょうし、車だっていつか運転したかったでしょう。

行ったことがない場所、食べたことのないもの、見たことのない景色がたくさんありました。

さや、あなたがいなくなってから、たくさんの方々が何日もの間、眠れぬ夜にも私たちと一緒にあなたを探してくれました。

行方不明になった日から2週間が経とうとしたとき、あなたが海に近い河口付近まで戻ってきてくれたと聞いた時は、家族の誰もが奇跡だと思いました。

一度海に出たら、もう二度と会えることはないかもしれない、と覚悟を決めていたからです。

今回の発表を受けて、私共家族一同から、さやのためにご尽力いただいた皆様に心より感謝を申し上げたいです。

ご自身の日常生活を投げ打ってでもさやの捜索に最大限にお力を貸してくださった方々や、私共の見えないところで心を痛め、さやの無事を祈ってくれた方々に、私共は本当に支えられました。

懸命な捜索にあたってくださり、未だに残る疑問点を今も尚捜査してくださっている警察の方々、力強く細やかなサポートをしてくださった市の職員の方々、そして数えきれないほどの民間ボランティアの方々に、皆様のお心遣いに心から感謝を申し上げます。

松戸市のみならず、隣接する市にも強固な協力体制をしいてさやの捜索に全力を注ぎ、激務の合間を縫って私共を訪ね何度も温かいお言葉をかけてくださった本郷谷市長には、家族一同、深く感謝申し上げます。

どうか、これから私共家族がさやを無事に見送り、時に振り返りながら日々を少しずつ前に進めてゆけるように、皆様にはそっと見守っていただきたいです。

改めまして、たくさんの心温まるご声援とお力添えに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

家族一同

南朝芽さん両親は我が子を失ったこの状況下で、ここまで丁寧に感謝を述べることが出来ることに本当に頭が下がります。

今まで南朝芽さん姉はTwitterやインスタなとSNSを駆使して様々な情報を発信されていたので、最後までちゃんと、という思いが強かったのかもしれません。

南朝芽さん姉Twitter「保護しているのであればそっと離して」

悲しみに暮れる中で気持ちを奮い立たせて、思いを振り絞ってコメントを発表をされたご家族の人間性が垣間見えるようで涙が止まりません。

南朝芽さんもご両親そして年の離れたお姉さんに可愛がられ愛情深く接してもらっていたことが痛いくらいに伝わってきて胸が詰まります。

うちの子もさやちゃんと同い年で、同じく療育に通っていて、ご飯やうどんのような白いものしか食べません。思っている事を上手く話せないのに、たまにとても優しい言葉をかけてくれます。なので、ご両親の心情が痛いほどわかります。 とてもお辛いなか、周りの方々にこんなにも感謝の言葉を言える、素敵なご両親のもとで育ったさやちゃんは幸せだったと思います。 ご冥福を心からお祈り申し上げます。 そして、子供を地域全体で見守ることの必要性を再確認し、これから取り組んでいかなければと思います。

南朝芽さんも言葉はたくさん知らないけれど、家族に優しい言葉をかけて慰めたり笑わせたりしていました。ご家族が公開された南朝芽さんが滑り台を滑っているときの穏やかな笑顔が忘れられません。

身体がご家族のもとへ戻ったことは本当に良かったと思いますが、無言の帰宅には胸が苦しくなって辛いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です