岡村真仁家族「妹はトラブルメーカー」問題行動で通報の過去


岡村真仁容疑者は妹・岡村聡美さんを自宅で殺害したとして逮捕されました。

岡村真仁容疑者は妹・岡村聡美さんの行動に悩まされていたことが明らかになっています。

岡村真仁容疑者の妹・岡村聡美さんについて、家族構成、自宅についてまとめました。

 

楠本大樹Facebookアカウント特定「刺青は両腕背中から太ももまで」大阪府堺市

坂田奈穂自宅は一等地|犯行動機やFacebook顔画像を調査

 

岡村真仁家族「妹はトラブルメーカー」元旦から通報

岡村真仁容疑者は妹・岡村聡美さんの問題行動について悩んでおり、元旦から二日続けて警察に通報していたことが分かっています。

 

警察によりますと、今月1日と2日に岡村容疑者から聡美さんの行動に関して110番通報があり、警察から聡美さんを指導する対応があったということです。

引用:テレ朝

 

元旦から二日続けての警察への通報。これは並々ならぬものを感じます。さらに警察は妹・岡村聡美さんを指導していたとのこと。

 

これには掲示板では色々な憶測が飛び交っていました。

 

元旦から2日連続で警察に通報して警察から妹に指導があったってよっぽどの事だろう

こういうのが長年絶えずに溜まってたんだろうな

 

岡村真仁容疑者の行為は決して許されるものではありません。しかし家族関係が悪化していることに同情する声があがっているのも事実です。

 

さらに妹・岡村聡美さんについてなんらかの障害があったのでは?という声が多数上がっています。

 

妹がモンスターだった可能性もあるな

下野新聞では無職の妹と書いてある

 

兄が警察に通報するほどの妹って・・・

精神障害か何かだったのだろうか・・・

みんなが面白がって兄の方を悪く書いてるけどそれとは真逆の状況だったのかもね

 

オレの予想

被害者は知的障害者が精神障害者か発達障害

そして無職

 

岡村真仁容疑者が警察に通報したところ、指導を受けたのは妹・岡村聡美さん。家族間トラブルは外部の人には分からない部分が多いですが、普通に考えて妹・岡村聡美さんがトラブルメーカーだったと考えることができます。

 

岡村真仁家族は母子三人

岡村真仁容疑者ま母子三人、母親と妹・岡村聡美さんの三人で暮らしていました。

 

岡村真仁容疑者職業は自称会社員。会社員として働きながら実家に住み続ける理由が何かあったのでしょうか。

 

殺害された妹が暴れることがあったということで、元日と2日には男から警察に「妹の様子がおかしい」と連絡がありました。

引用:Yahoo

 

もし妹・岡村聡美さんが常日頃暴れたり奇行を繰り返していたとしたら、岡本正仁容疑者が年老いた母親を置いて実家を離れることができなかったことが腑に落ちます。

 

しかし警察が自宅に到着したとき岡村聡美さんは落ち着いており何の被害も確認されなかったとのこと。

 

岡村真仁容疑者の犯行動機が気になります。続報が入り次第追記します。

 

 

岡村真仁自宅は栃木県さくら市の一軒家

岡村真仁容疑者の自宅住所は「栃木県さくら市」です。さらに報道によると岡村真仁容疑者自宅は軒家だということが分かっています。

 

 

岡村真仁容疑者自宅は二階建ての一軒家。築年数も古いのではと推測できることから、岡村真仁容疑者母親が購入したものではないかと考えられます。

 

岡村真仁容疑者は会社員なので収入があったはず。それなのに実家を離れないのはなぜなのでしょう。

 

家を出てしまうのは簡単ですが、家族としては無責任な行動かもしれません。妹さんが外に出て、他人に迷惑をかける可能性があります。

 

加害者が同居しているのは、妹の暴力から母親を守るためのように感じますが…。

 

母親想いの息子。しかし愛する娘が母親想いの息子に殺害されるという悲劇。母親の気持ちを考えると胸が締め付けれらる思いです。

 

 

岡村真仁顔画像&プロフィール

岡村真仁容疑者の顔画像はまだ判明していません。プロフィールは次の通りです。

 

プロフィール
  • 名前 岡村真仁(おかむら まさひと)
  • 年齢 38歳
  • 職業 自称会社員
  • 住所 栃木県さくら市

 

岡村真仁容疑者の顔画像は判明次第追記します。

 

 

事件概要

事件概要は次の通りです。

 

さくら市氏家の自宅で同居する妹(36)の首を絞めて殺害したとして、兄で38歳の男が9日、殺人容疑でさくら警察署に逮捕されました。

警察の調べによりますと、男は8日午後3時半ごろ、自宅で妹の首を腕やTシャツで締めて殺害した疑いが持たれています。

警察によりますと、男は歩いて近所の交番に向かい、「妹を殺しました」と自首しました。

男は落ち着いて興奮したところはなく、取り調べには「私が殺しました」と容疑を認めているということです。

引用:Yahoo

 

犯行からわずか30分後には自ら警察に出頭した岡村真仁容疑者。さらに取り乱した様子もなく淡々としていたとのこと。

 

岡村真仁容疑者の行為は決して許されるものではありません。しかし管理人の勝手な憶測ではありますが、岡村真仁容疑者の覚悟みたいなものを感じます。

 

事件詳細が明らかになっていませんが、暴れたりする人間と一緒に生活するには相当な苦労が必要だったのではと想像できます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です