パラリンピックの衣装にタケコプターが付いてるのはなぜ?プロペラや滑走路で空港をイメージ!

パラリンピック,開会式,ヘリコプター

2021年8月24日のパラリンピック開会式でボランティアスタッフが「タケコプター」を付けていると話題です。

ボランティアスタッフはなぜ「タケコプター」を付けているのでしょうか?

パラリンピックのコンセプトに秘密があるようなのでご紹介します!

パラリンピック開会式の衣装にタケコプターが可愛いすぎ!

パラリンピック開会式のボランティアスタッフ衣装にタケコプターが付いていましたね。

噂の画像はこちらです。

パラリンピック,開会式,ヘリコプター

タケコプターと衣装の色や雰囲気もバッチリですね。

全身画像で見てみましょう!

パラリンピック,開会式,ヘリコプター

シンプルで動きやすそうですよね。

でもなんでタケコプターを付けているのか気になります。

パラリンピック開会式の衣装にタケコプターが着いているのはなぜ?

パラリンピック開会式の衣装にタケコプターがあるのは大会コンセプトに理由があるようです。

コンセプトが「我々には翼がある」

パラリンピックの開会式コンセプトは「We Have Wings(我々には翼がある)」です。

人生の逆風に立ちむかう「翼」を持ったパラリンピック選手を応援するという意味が込められているようです。

コンセプト演出のために会場全体を『空港滑走路』に見立てています。

パラリンピック,開会式,ヘリコプター

着陸するときに目印となるライトまで忠実に表現しているようです。

各国の選手が入場するときのプラカードは電光掲示板を再現して作られたようです。

パラリンピック,開会式,ヘリコプター パラリンピック,開会式,ヘリコプター

プラカードの色は弱視の人が見えやすいように黒に黄色の文字を記入する配慮がされていました。

ヘリコプターを付けたボランティアスタッフは「翼がある」というメッセージを伝えるためのもだと考えられます。

パラリンピック開会式の衣装でタケコプター演出に絶賛の声!

パラリンピック開会式のタケコプター演出に絶賛の声が多く上がっていました!

確かにコンセプトが統一されていて まとまりのある開会式でしたね。