REJECTSaRa炎上発言「障害者やろ?」プロゲーマーまた差別的発言はなぜ


プロゲーマーREJECTのSaRaさんは自身の差別的発言により2022年12月までの活動休止が発表されました。

プロゲーマーREJECTのSaRaさんはなんと言って差別的発言をしたのか、プロゲーマーの差別的発言が頻発している背景を探ってみました。

村田浩明監督は評判が高い人格者「熱血指導のリアル”ルーキーズ”」横浜高校野球部

2022.05.02

プロゲーマーREJECT Saraが炎上で活動休止

プロゲーマーREJECTのSaRaさんが炎上騒動により活動休止することが発表されました。

チームからの処分が決まりました。僕の発言は決して許されないものであり、重く受け止めています。 改めて、応援してくださるファンの皆様、また関係者の皆様、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。僕の発言で不快な思いをされた方々に、深くお詫びいたします。

所属チームからの発表された公式文書がこちらです。

1.事案の概要

5月1日、当社 PUBG MOBILE部門所属選手による不適切発言があったことが確認されました。

・SaRa選手
当社所属の他選手の配信中に、障がい者を揶揄するような発言が入り込んだ。
当該発言は、同じ施設内で別のゲームをプレイ中にボイスチャットを付けていない状態で発したものであった。

2.当社による聞き取り調査

上記の報告をうけ、速やかに本人への聞き取り調査を行い、事実であることを確認いたしました。

3.当社としての判断

当社としましては、いかなる差別も容認しておりません。
当該発言は極めて不適切であり、重大なコンプライアンス違反であると判断し、以下の処分を決定いたしました。

・SaRa選手への処分
2022年12月末までの選手活動停止
当該期間の選手報酬全額カット
社会貢献活動への参加

4.今後の対応

本件につきましては、選手をマネージメントする当社の監督不行き届きによるものであり、このような事案が生じたことを重く受け止め、深く反省しております。
SaRa選手の今回の発言は決して許されるものではなく、厳しい処分が必要であると判断いたしました。それと同時に、SaRa選手が自分の過ちを心から反省し更生する機会を与えるべく、上記の処分を決定いたしました。
また、今後は当社所属の選手・ストリーマー、マネージャーを始めとする全てのスタッフに対して、コンプライアンス意識の徹底を図るべく、コンプライアンス教育の見直しを行い、継続的なコンプライアンス研修を実施いたします。また、内部管理体制の強化を行い、再発防止に取り組んでまいります。

最後になりますが、REJECTを応援してくださるファンの皆様、スポンサー各社の皆様をはじめ関係各位に多大なるご迷惑おかけしたことを、改めて深くお詫び申し上げます。また、本件に関して、ご不快な思いをされた方々に、心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。

株式会社REJECT

REJECTのSaRaは障害者を揶揄するような不適切発言をしたことにより炎上、騒動を重く見た事務所によって2022年12月末までの活動自粛が発表されました。

プロゲーマーREJECTのSaRaさんによる不適切な差別発言とはどういったものなのでしょうか。

ガーシーの橋本環奈暴露内容は?愛人疑惑か?!

動画|プロゲーマーREJECT Saraの差別的発言

プロゲーマーREJECTのSaRaの不適切発言の動画がこちらです。

そしてこちらが会話の内容です。

  • Sara なんでそこクリアリングするの?
  • 配信者 OK
  • Sara 障害者やろまじで
  • 配信者 Saraさん?配信つけてるよ

配信者のゲームについて実況していたSaraさんですが、夢中になりすぎてしまったばかりに配信中と言うことを忘れて学生ノリのような発言をしてしまいました。

「障害者やろまじで」の発言の後に少し焦った様子の配信者が「Saraさん?配信つけてるよ」の一言からも、配信中であることをすっかり忘れてしまった様子が分かります。

ガーシー暴露!綾野剛の酒癖がヤバイ!

プロゲーマーたぬかな|差別的発言で契約解除

プロゲーマーの差別的発言と言えば、記憶に新しいところで女性プロゲーマーのたぬかなさんが「170cm未満の男とAカップの女には人権はない」と発言、所属チームを契約解除されるということがありました。

たぬかなさんの発言詳細は次の通りです。

「170cm未満の男に人権ない」発言全容

「165はちっちゃいね、だめですね」

「170ないと、正直人権ないんで」

「170センチない方は、『あ、俺って人権ないんだ』と思いながら生きていってください」

「骨延長の手術を検討してください」

「骨延長手術で調べてください」

「170あったら、人権がちゃんと生まれてくるんで。骨延長で、よろしくお願いします。」

「ほんまお前ちっちゃい男に人権あるわけないだろお前調子乗んな」

「調子乗んなこっちはね、チビにはきちーんだよ」

「チビだけにはホンマに人権がない

「チビだけはホンマに無理」

「Aカップの女に人権ない」発言全容

「Aカップに人権なくない?一緒よ」

「Bでギリ出てくるんじゃ?人権

「Bは人による人権が」

「Cからたぶん、一般的にはCからが人権だと思う」

170cm未満のとことAカップ以下の女への憎悪感が半端ないヘイトスピーチ。これを影響力もあるプロゲーマーが問題を感じることなく発してしまうが恐ろしいです。

なぜプロゲーマーの差別的発言が頻発しているのでしょうか?

プロゲーマー差別的発言はなぜ頻発するのか

REJECT SaRaさんはプロゲーマーのイメージを払拭したいと意気込んでいましたが、あえなく撃沈。志が高かったにも関わらず差別的発言をしてしまった背景には、プロゲーマーの世界の歴史の浅さが原因です。

ゲームに限らず、「相手と争って勝敗を決める」ものについては、誰しも攻撃的な言動をしてしまいがちです。そのため武道・格闘技をはじめとした各種スポーツや、囲碁将棋などの伝統的なゲームも、相手への敬意といった精神論を技術と一緒に小さい頃から叩き込まれるのです。

しかしプロゲーマーの世界は歴史が浅いために精神論をたたき込んでくれる先輩や指導者は、現時点ではいません。学生ノリの延長でプロになっているのです。

私の友人でゲームをすると人が変わってしまう人がいます。ゲームで敵をばったばったと倒していくと自分も無敵になったように感じているのです。

ただでさえ無敵感の強いゲームの世界、それがプロになったのだから現実とゲームの世界を区別して社会の基本を教えてくれる指導者や先輩が必要なのは明らか。

ゲームはネットと密接関係にあるものですが、ネットでは昔から某掲示板などを中心に、差別表現で相手をののしる文化は一般的で、残念なことに今現在も掲示板へのコメントは目を疑う者も多いです。そう、人は顔が見えないことで無敵になってしまうものなのです。

顔が見えない掲示板の「ノリ」が今ではTwitterなどにも受け継がれているのも事実。プロゲーマーもその「ノリ」でプロになってしまったのです。

ゲーム業界に教育が行き届いていないことは、Saraさんの「障害者かよまじで」発言の後に、発言をたしなめるのではなく「配信つけてるよ」といった他のプロゲーマーの発言からも明らかです。


こちらもオススメです