田辺晋太郎(小山田圭吾のいとこ)の炎上発言でなぜヤマサの不買運動?謝罪までの経緯紹介!


2021年7月19日に田辺晋太郎さんはいとこの小山田圭吾さんが東京オリンピック開会式の作曲担当を辞任したことを擁護するTwitter発言したことで炎上しています。

炎上発言のとばっちりを受けたのが田辺晋太郎さんが商品監修を務めた醤油メーカーのヤマサです。

田辺晋太郎さんのどういった発言をして炎上から謝罪することになったのか経緯と炎上発言がなぜヤマサの不買運動につながるか解説したいと思います。

田辺晋太郎は小山田圭吾を擁護で炎上!ヤマサは何の関係がある?

2021年7月19日に小山田圭吾さんが東京オリンピック開会式の作曲担当を辞任→擁護してツイートした発言が炎上しました。

小山田圭吾さんの辞任理由は過去のいじめ問題に対する責任をとるためでした。

田辺晋太郎は小山田圭吾のいとこ!

田辺晋太郎さんは小山田圭吾さんのいとこです。

東京オリンピックの開会式作曲担当者である小山田圭吾さん辞任に関する発言は親戚を擁護する気持ちが働いたのかもしれません。

田辺晋太郎の炎上発言まとめ

田辺晋太郎さんの炎上発言は次の通りです。

田辺晋太郎,ヤマサ,炎上

はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!

数時間後には自身の発言が不適切だったことを認めTwitterで謝罪します。

田辺晋太郎,ヤマサ,炎上

先程は辞任の速報を受け、取り乱して不適切な投稿をしてしまいました。ご不快な思いをされた方に対し謹んでお詫びすると共に猛省しております。本当に申し訳ありませんでした。

田辺晋太郎さんはいとこの小山田圭吾さんがオリンピック開会式の作曲担当を辞任したことに取り乱したことが発言の真意だと説明されています。

自身が発言することで火に油を注ぐことになり騒動が更に大きくなることを考えなかったのでしょうか?

もう少し考えて発言された方が良かったですね。

現在はTwitter発言は削除、アカウントも削除されています。

ヤマサは田辺晋太郎が肉鍋つゆ監修でとばっちり!

田辺晋太郎さんのTwitter発言の炎上でとばっちりをうけたのが醤油メーカーの「ヤマサ」です。

SNSアカウントの自己紹介文からヤマサ肉鍋つゆシリーズの監修を務めていたことが判明してしまいます。

田辺晋太郎,ヤマサ,炎上

その後自己紹介文の『「ヤマサ肉鍋つゆシリーズ」等の製品開発も行う。』を削除し、アカウント自体も削除しています。

ヤマサの肉鍋シリーズの商品紹介を探してみるとがっつり田辺晋太郎さんが商品紹介してますね。。

田辺晋太郎,ヤマサ,炎上 田辺晋太郎,ヤマサ,炎上

肉マイスターとして多方面で活躍する田辺晋太郎さんが関係していたことはInstagramやTwitterの紹介文を消しても経歴は消せませんよね。

田辺晋太郎の炎上発言でヤマサの評判は?

Twitterではヤマサに同情的な声が上がる一方、田辺晋太郎さんを起用したことを問題視する発言も見受けられました。

SNSの声は?
  • 何というか…引くを超えてる… ヤマサはホントとばっちりだね
  • 田辺晋太郎の炎上にヤマサは関係ないだろ
  • 最低な田辺の息のかかった物は買いたくないのでヤマサはやめてキッコーマンにします~
  • 食に関わる企業さんは ほんとイメージが大切だから 今回のイメージダウンは かなり厳しいだろうね。

確かに食に関わる企業はブランドイメージが大事だと思います。

ヤマサには何の非もありませんが、田辺晋太郎さんの発言はヤマサにとってイメージダウンに繋がってくるかもしれません。

ヤマサは田辺晋太郎と契約終了していたことを発表

炎上発言の翌日2021年7月20日にはヤマサホームページから田辺晋太郎さんの名前を削除。

次のコメントを発表しました。

田辺晋太郎,ヤマサ,炎上
ヤマサのコメントまとめ
  • 田辺晋太郎さんとの契約は2021年6月30日に終了している
  • 2021年7月15日発売の新製品について田辺晋太郎さんは監修していない
  • 企業理念「公正・公平であること」を掲げており、あらゆる差別・いじめ・虐待の人権侵害は容認しない

2021年6月30日で監修の契約が終了していたことを発表し、新製品では監修を務めていないことを強調。

あらゆる人権侵害行為を許さないという立場を表明したことで企業イメージの回復に努めています。

ヤマサ以外に焼肉店をプロデュース

田辺晋太郎さんは肉マイスターとして西麻布の高級焼肉店「TEN」をプロデュースしていました。

田辺晋太郎,ヤマサ,炎上

焼肉店「Ⅹ(TEN)」は完全紹介制にもかかわらず予約が困難な人気店のようです。

メニューは3万2000円のコースのみ。

肉の焼きを熟知したスタッフが1枚ずつ丁寧に焼き、テーブルに届けるという変わったスタイルです。

完全紹介姓のため電話番号は公表されていないようですね。

田辺晋太郎,ヤマサ,炎上

大盛況のお店のようなので、肉マイスターとしての実力は一流のようです。

まとめ

今回は小山田圭吾さんのいとこである田辺晋太郎さんの炎上発言とヤマサ商品監修や焼肉店プロデュースの経歴についてご紹介しました。

田辺晋太郎さんはSNSでの不用意な発言をしたことで関係者に迷惑をかけてしまいました。

ある程度社会経験を積んできたいい大人なのだからもう少し考えて発言した方が良かったですね。