山上徹也ツイッター特定「”silent hill 333″の意味がヤバい」


山上徹也容疑者のツイッターアカウントが発見されておりツイート内容に注目が集まっています。

今回は山上徹也容疑者Twitterアカウント、ツイッターアカウントの意味、ツイ垢が本人のものである理由、ツイート内容についてみていきます。

山上徹也兄の自殺理由「大病治療より寄付優先の母に絶望」一家離散

山上徹也父親も自殺だった「母親洗脳でノイローゼ」家庭崩壊の始まり

山上徹也の手紙全文「空白の一年半に覚悟」米本和弘ブログに書込みも

山上徹也Twitterアカウント特定「silent hill 333」

山上徹也容疑者のTwitterアカウントは「silent hill 333」であると特定されました。

2019年10月からTwitterを始めた山上徹也容疑者。TwitterはSNSの中でも文章中心のSNS。頭脳明晰の山上徹也容疑者にとって、自分の気持ちを心置きなく吐き出すことができる場所だったに違いありません。

1フォロワーしかいない素晴らしき自由

2021年3月まではなんとフォロワーが一人しかいなかったのです。管理人も過去のツイートを見てみましたが、気軽にフォローできないツイート内容だったので納得です。しかし時の人となった山上徹也容疑者の2022年7月18日現在フォロワー数は3.4万人。

1フォロワーであるがゆえに羽を伸ばし自由にツイートできた山上徹也容疑者。現実世界では自由になり自分を解放するところがなかったのでしょう。本来なら家庭という場所が自由に心が解放される場所であるべきでした。

山上徹也兄の自殺理由「大病治療より寄付優先の母に絶望」一家離散

山上徹也父親も自殺だった「母親洗脳でノイローゼ」家庭崩壊の始まり

山上徹也の手紙全文「空白の一年半に覚悟」米本和弘ブログに書込みも

山上徹也ツイ垢「silent hill 333」の意味がヤバい

山上徹也容疑者のTwitterアカウント「silent hill 333」とはどういう意味なのかと考えていると次のツイートを発見しました。

自分も山上徹也のTwitterネームが、サイレントヒル333なのは意図的なような気もする

サイレントヒル1から”教団"出てくるんだけど、教団の設定がガッチリできたの3からなんだよね、それまではあくまでもオカルトの1要素だった

『山上容疑者のTwitterが見つかってツイネームが「silent hill 333」なんだけど、 サイレントヒル3って家族をカルト教団に殺された少女が復讐を果たす物語で、しかも少女の前世はカルトに狂った母親によって悪魔の生贄にされてる プレイして他人事じゃなかったんだろう』

サイレントヒルというのはコナミから発売されているゲームの名前です。サイレントヒル3のストーリー内容が次の通り。

サイレントヒル3のストーリーは?
家族をカルト教団に殺された少女が復讐を果たす物語。主人公少女の前世はカルトに狂った母親によって悪魔の生贄にされてる

山上徹也容疑者はサイレントヒル3の主人公女性に自分の人生を重ね合わせたに違いありません。旧統一教会に多額の献金をしたことで山上一家は書いて崩壊、母親の宗教洗脳によって家族は犠牲になった、生贄同然だったと考えたに違いありません。

山上徹也兄の自殺理由「大病治療より寄付優先の母に絶望」一家離散

山上徹也父親も自殺だった「母親洗脳でノイローゼ」家庭崩壊の始まり

山上徹也経歴「応援団なのに目立てない陰キャ」安倍元首相狙撃事件

「silent hill 333」が山上徹也ツイ垢である理由

死んだ父は京大出だった、父の兄は弁護士、母親は大阪市大卒の栄養士、母方の叔母は医者だった。そんな環境でオレは優等生として育った。俺の努力もあったが、そういう環境でもあったのだろう。

山上徹也容疑者の父親は京大卒、父親の兄である伯父は弁護士であることが分かっています。

また山上徹也容疑者の母親家庭は裕福な家庭でした。母親は二人姉妹の長女で当時としては珍しく大学卒の高学歴です。また母親の妹は医師だというから知的なしまいだったことに間違いありません。

オレが14歳の時、家族は破滅を迎えた。統一教会の本文は、家族に家族から窃盗・横領・特殊詐欺で巻き上げさせたアガリを全て上納させることだ。70を超えてバブル崩壊に苦しむ祖父は母に怒り狂った、いや絶望したと言う方が正しい。包丁を持ち出したのはその時だ。

山上徹也容疑者母親が旧統一教会に巨額な寄付金を上納していたことが原因で書いて崩壊していたことは杖に報じらていますが、実の父から包丁を持ち出されてても目を覚まさなかったというから驚きです。

山上徹也容疑者母親は夫の自死でも目を覚まさなかった結果、わが子の命まで奪うことになった山上徹也容疑者母親。最愛の夫と最愛の息子の命をもってもなぜ目を覚ますことができないのか、同じ母親として強い憤りしかありません。

山上徹也兄の自殺理由「大病治療より寄付優先の母に絶望」一家離散

山上徹也父親も自殺だった「母親洗脳でノイローゼ」家庭崩壊の始まり

山上徹也の手紙全文「空白の一年半に覚悟」米本和弘ブログに書込みも

山上徹也ツイッター内容「信じるもののために戦う」

山上徹也容疑者の犯行を予告するツイート、家庭環境を呪うツイートについて見ていきます。

考えてみりゃ世の中テロも戦争も詐欺も酷くなる一方かもしれない。信じたいものを信じる自由、信じるものの為に戦う自由。麻原的なものはいずれ復活すると思う。それがこのどうにもならない世界を精算するなら、間違ってはいないのかもしれない。人は究極的には自分が味わった事しか身に沁みないものだ

信じるものの為に戦う自由。山上徹也容疑者犯行の約一か月前のツイートです。この頃には安倍晋三元首相を狙うことを心に決めていたことが想像できます。信じる者のために戦うのは自由ですが、人の命を他人が奪う自由はこの世に存在しません。

恵まれた者、勝ち残った者、それがエゴに染まった時、己が義務を忘れた時、その富と名誉は必ず失われる事になっているんだよ。

山上徹也容疑者母親は経済的にも恵まれた家庭環境で育ちました。そして結婚後もそれは変わることはありませんでした。

しかし恵まれた家庭環境で育ったにもかかわらず、宗教信仰というもはやエゴで寄付を続けていたことで、母親としての義務を忘れ子供を育てなかった。それ故に財産はなくなり破産、家庭も崩壊したことを暗に述べているようです。

山上徹也容疑者の人生は母親の宗教信仰で破壊されていることは誰の目からみても明らかなのです。

山上徹也兄の自殺理由「大病治療より寄付優先の母に絶望」一家離散

山上徹也父親も自殺だった「母親洗脳でノイローゼ」家庭崩壊の始まり

山上徹也経歴「応援団なのに目立てない陰キャ」安倍元首相狙撃事件


こちらもオススメです





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。