吉田容子さんFacebook顔画像「京大院卒の教育ママ」吉田佳右妻の苦悩


2022年9月16日吉田佳右(けいすけ)容疑者が妻の吉田容子さんを殺害した容疑で逮捕されました。ハイスペック夫婦として注目を浴びている吉田佳右容疑者と妻・吉田容子さん。

吉田容子さんのFacebook顔画像、学歴経歴、緊急搬送までの経緯について調査しました。

吉田佳右経歴エリートも「異性問題発覚でDV」高学歴も家庭内別居の闇

吉田佳右生い立ち「いつも中心にいる人気者」の裏にあったトラウマ

吉田佳右メタノールは「焼酎に混入」の疑い|犯行動機

追記|吉田容子さん顔画像「ショートカット美人」

吉田容子さんの成人後の顔画像が文春オンラインで報じられました。

引用:文春

 

 

引用:文春

ショートカットとはじける笑顔が印象的な吉田容子さん。大学院まで終了したリケジョ女子なので勝手に化粧っ気のない女性を管理人は勝手に想像していました。

しかし実物の吉田容子さんは溌溂としてとても明るい印象の女性であることが分かります。ショートカットもよく似合っておりさっぱりとした性格であったことが想像できます。

追記|吉田容子さん顔画像が判明

吉田容子さんの顔画像が判明しました。

吉田容子さんの小学生時代の顔画像です。カチッとした襟付きの服装であることから、この画像は卒業式のものでしょうか。またすっきりとした目、凛とした鼻、口を一文字に結んだ様子から意志の強さを感じられずにはいられません。

吉田容子さんをよく知る人物の話として、吉田佳右容疑者の妻である容子さんの人柄について次のように語られています。

「2年くらい前に1回、息子さんを連れて帰ってきてたかな。いいお母さんになったなって感じです。小さい時から頭が良いことは有名ですね。優しい笑顔でね」(容子さんを知る女性)

吉田容子さんは小さい時から勉強がよくできて、近所では有名な女の子だったのです。小学生ながらキリっとした表情からも知的な少女だったことは間違いありません。

さらに母親になってからは母性があふれ出ていたのでしょう。子供の成長を楽しみにしていただろうと想像できます。本当に無念でなりません。

吉田佳右生い立ち「いつも中心にいる人気者」の裏にあったトラウマ

吉田容子さんFacebook&インスタ顔画像

吉田容子さんの顔画像についてにはテレビも週刊誌もまだ報じていません。吉田容子さんは40歳と言うことなのでフェイスブックアカウントを持っている可能性がありますので調査します。

フェイスブック検索に「吉田 容子」「yoshida yoko」と入力すると、20人以上の吉田容子さんがヒットします。吉田佳右容疑者の妻である吉田容子さん住所は『東京都大田区西馬込』なのですが、一致するアカウントはありません。

同様にInstagramアカウントについても調査しましたが該当するアカウントは発見できません。

吉田容子さんはSNSを利用していたと報道がありました。SNSが何なのかは不明ですが、Facebook&インスタグラムアカウントについては引き続き調査していきます。

夫による妻殺害の悲惨な事件と言えば、2022年8月24日に大阪府堺市東区日置荘西町の集合住宅で死亡しているのが見つかった荒牧愛美さん(29)と娘のリリィちゃん(3)親子です。

荒牧愛美さんは学生時代外国留学経験があり、英語が堪能なとてもきれいな女性でした。事件を受けて荒牧愛美さん友人が語った話では、荒牧愛美さんは夫と離婚したがっていたが夫は離婚を拒んでいたことが分かっています。

荒牧愛美さんインスタを特定「料理上手な良妻賢母」大阪府堺市

荒牧愛美さんは子供為にせっせと貯金をするなど子供のことを何よりも優先していた愛情あふれる母親でした。吉田容子さんも母親になり子供のことをなによりも考えていたことが関係者証言によって語られています。

「子どもの教育に熱心だった」

引用:Yahoo

吉田容子さんは教育に熱心な教育ママ。京都大学大学院卒業ということもあり、自身の経験から人生において教育の重要性を感じていたのでしょう。何より子供のことを考えていた吉田容子さんが自らエタノールを飲むとは考えられません。

吉田佳右経歴エリートも「異性問題発覚でDV」高学歴も家庭内別居の闇

吉田佳右生い立ち「いつも中心にいる人気者」の裏にあったトラウマ

吉田佳右メタノールは「焼酎に混入」の疑い|犯行動機

吉田容子さん学歴「京大大学院卒」ハイスペック女子

吉田容子さんは国立の京都大学大学院を卒業した才女です。京都大学薬学部の偏差値は76。

京都大学薬学部の偏差値は76です。

引用:ベネッセ

京都大学大学院は全国大学の薬学部の中でもトップの偏差値。吉田容子さんはかなり優秀な女性だったことが分かります。夫である吉田佳右容疑者も北海道大学大学院卒業の秀才、さらに第一三共入社後には会社出資によって2つの大学院(千葉大学大学院、アメリカの大学院)を卒業するという会社から期待された人物。

自分のキャリアを捨てて家庭にはいった吉田容子さん。高学歴カップルに何が起きていたのか、真相究明が待たれます。

(9/16追記)吉田容子さんは京都大学大学院に進学する前は神戸大学農学部に進学していたことが分かりました。

妻の容子さんは神戸大農学部卒業後、京大大学院に進学した。

引用:Yahoo

神戸大学農学部も偏差値63~71というハイレベルな大学です。大学院にまで進学しながら結婚後には研究員としてのキャリアを手放した吉田容子さん。10年前と言えばまだ結婚して退職する人が多かった時代。

大学院に進学して着実にキャリアを積み重ねることで研究員としてのポジションをつかみ取った吉田容子さん。相当な努力をして掴んだキャリアを就職後5年足らずで手放しました。育児休職と言う選択も第一三共と言う会社なら間違いなく取得できたたはずですよね。

吉田佳右経歴エリートも「異性問題発覚でDV」高学歴も家庭内別居の闇

吉田佳右生い立ち「いつも中心にいる人気者」の裏にあったトラウマ

吉田佳右メタノールは「焼酎に混入」の疑い|犯行動機

吉田容子さん経歴「第一三共入社も寿退社」

吉田容子さんは京都大学大学院卒業後の2007年4月に第一三共に研究職として入社しています。将来を嘱望されていた吉田容子さんですが、2010年に同期入社の吉田佳右さんと結婚を機に第一三共を退社しています。

京都大学大学院卒業と言うハイスペック女子ではありながらも、結婚を機に多忙な夫を支えるために家庭に入った吉田容子さん。どこか古風な考えの持ち主だったのかもしれません。

吉田佳右容疑者は第一三共に努めながら大学院にも通うという二足のわらじを履き多忙な生活。家族の支えなしでは多忙な生活もままならなかったことでしょう。

吉田容子さんは幼子を抱え育児に奮闘しながら、自分のキャリアを捨ててでも夫を支えたい。夫が仕事を目一杯できるように家庭を守ってきたのです。

吉田佳右経歴エリートも「異性問題発覚でDV」高学歴も家庭内別居の闇

吉田佳右生い立ち「いつも中心にいる人気者」の裏にあったトラウマ

吉田佳右メタノールは「焼酎に混入」の疑い|犯行動機

吉田容子さん夫婦は「家庭内別居だった」

吉田容子さんと吉田佳右容疑者は数年前から夫婦不仲に陥り、家庭内別居だったことが分かりました。

”家庭内別居”夫婦仲が悪かった

家庭内別居中だったことが報じられた吉田夫妻。それを裏付けるかのように近所の人が「夫婦喧嘩で警察介入の過去」について証言しています。

近くに住む人によると、吉田容疑者と容子さんが激しい夫婦ゲンカをし、警察が介入したこともあるという。

引用:Yahoo

吉田佳右容疑者は「妻に殺意を抱いたことはない」と容疑を全面的に否定しています。大声で怒鳴りあったりつかみ合ったり周囲が心配になるレベルの喧嘩をしない限り、警察が介入しないはず。吉田佳右容疑者と吉田容子さんがいがみ合う関係に悪化していたことは間違いなさそうです。

そして吉田佳右容疑者と吉田容子さんは食事を別々にとるほど、修復不可能な関係に陥っていたことも分かりました。

吉田佳右経歴エリートも「異性問題発覚でDV」高学歴も家庭内別居の闇

吉田佳右メタノールは「焼酎に混入」の疑い|犯行動機

吉田容子さん救急搬送までの経緯「二日酔いだと思ってた」

吉田容子さんの救急搬送までの経緯は次の通りです。

2022年1月15日朝
  • 吉田容子:部屋で嘔吐。
  • 吉田佳右:「二日酔いだと思ってそのままにした」

部屋で嘔吐していただけなら二日酔いだと思うのも納得です。

2022年1月15日朝のあと
  • 吉田容子:ろれつが回らない、ベッドから落ちる。
  • 吉田佳右:「またも二日酔いだと思い、そのまま床で寝かせた」

しかしそのあとろれつが回らない、ベッドから転げ落ちる姿を見て、二日酔いがまだ治まっていないと判断した吉田佳右容疑者。確かに人は泥酔状態になるとろれつが回りません。さらに意味不明な行動もすることがあります。

管理人も若かりし頃泥酔状態で自分の体に覚えのないあざが沢山出来ていたことを覚えています。吉田容子さんは普段からお酒をよく飲んでいたのかもしれません。

しかし二日酔いは一日中続くことはほぼありません。嘔吐やろれつが回らないことがしばらく続いたら命に危険があると焦らなかったことが不思議でなりません。

吉田佳右経歴エリートも「異性問題発覚でDV」高学歴も家庭内別居の闇

吉田佳右生い立ち「いつも中心にいる人気者」の裏にあったトラウマ

吉田佳右メタノールは「焼酎に混入」の疑い|犯行動機

追記|吉田容子さん職業「広告会社に転職」

吉田容子さんは2010年に第一三共を退社後に広告会社に就職していたことが分かりました。

2人は第一三共の元同僚で2010年に結婚した。その後、長男が生まれ、13年に購入した現場のマンションで家族3人で暮らしていた。容子さんは広告会社に転職していて、仕事は順調だったという。

引用:Yahoo

吉田容子さんは2010年に第一三共を退職後に広告会社に転職。出産時期は明らかになっていませんが出産育児がひと段落したころに広告会社に転職していました。

吉田容子さんは第一三共の研究員として約3年間勤務、神戸大学から京都大学大学院に進んだ才女。大学で何年間も勉学に励んだ知識や経験は、社会人に役立つことは間違いなし。自分の力をまだまだ社会で試してみたいと、再就職を考えても不思議ではありません。

吉田佳右経歴エリートも「異性問題発覚でDV」高学歴も家庭内別居の闇

吉田佳右メタノールは「焼酎に混入」の疑い|犯行動機

追記|吉田容子さん夫からDV「異性関係で夫婦不仲」

吉田容子さんと吉田佳右容疑者は数年前から夫婦仲が悪化して家庭内別居状態だったことは報じられていますが、夫婦不仲の原因が吉田佳右容疑者の異性問題だったのです。

捜査関係者によると、吉田容疑者の異性関係などを巡り、数年前から夫婦仲が悪化していた。

引用:Yahoo

吉田佳右容疑者は2015年に千葉大学大学院で博士号取得、2020年にアメリカの大学で博士号取得と多忙な日々を送っていました。吉田容子さんは多忙な夫を支えるべく家事育児を一手に担っていたに違いありません。

それなのに夫による裏切りの疑惑を見つけたときの衝撃は計り知れません。吉田佳右容疑者の異性関係が疑惑どまりだった可能性もあります。

しかし吉田容子容疑者は自身のキャリアを捨ててまで手に入れた家庭、その家庭にひびが入ってきた事にどれだけ胸を痛めていたのか想像すると胸が苦しくなります。

吉田佳右経歴エリートも「異性問題発覚でDV」高学歴も家庭内別居の闇

吉田佳右生い立ち「いつも中心にいる人気者」の裏にあったトラウマ

吉田佳右メタノールは「焼酎に混入」の疑い|犯行動機

追記|吉田容子さんスマホ「口論動画あり」

吉田容子さんのスマホには吉田佳右容疑者と口論をしている動画が残っていたことが分かっています。

食事も別々にとるなど家庭内別居の状態で、容子さんのスマートフォンには吉田容疑者と口論する様子を映した動画が複数残されていた。

引用:Yahoo

吉田佳右容疑者と吉田容子さんが口論する様子がスマホに残されていたという驚きの報道です。吉田容子さんは自分の喧嘩中にスマホを相手に向けていたのです。

一般的に口論中は誰しも興奮しているので中々冷静になれません。しかし吉田容子さんは口論中にも相手にスマホを向ける冷静さがあります。これは口論の原因が吉田佳右容疑者の異性関係だったので、離婚後の事を考えた証拠集めだった可能性があります。

また口論中に吉田佳右容疑者にスマホを向ければ、相手を挑発してしまいヒートアップすることは吉田容子さんの賢さなら分かっていたはず。吉田容子さんは賢く気の強い女性だったのではと想像できます。

吉田佳右経歴エリートも「異性問題発覚でDV」高学歴も家庭内別居の闇

吉田佳右生い立ち「いつも中心にいる人気者」の裏にあったトラウマ

吉田佳右メタノールは「焼酎に混入」の疑い|犯行動機


こちらもオススメです





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。