『ボーイフレンド降臨!』9話ネタバレあらすじ感想「僕の未来にいてくれ」


ジャニーズ大人気グループKing&Prince髙橋海人さん主演ドラマ『ボーイフレンド降臨!』がいよいよスタート。

ドラマに多数出演している髙橋海人さんですが、これがドラマ初主演作品だということに驚きます。さらに髙橋海人さんと年上アラフォー女子2人とのトライアングル・ラブコメディーと言うことで目が離せません。

ドラマ『ボーイフレンド降臨!』12月17日(土)放送の第9話(最終話)ネタバレあらすじ感想についてまとめました。

『ボーイフレンド降臨!』8話ネタバレあらすじ感想「恋も会社もピンチ!」

2022.12.11

ネタバレ『ボーイフレンド降臨!』9話「僕の未来にいてくれ」

戻って来たアサヒ(澄人)、姿を消したかしこ

かしこ(桜井ユキ)が勤める「ミュー&ホミー広告社」に澄人(髙橋海人)が駆けつけると、そこには青柳社長(光石研)しかいませんでした。そして伝えられたのは、会社を解散したという現実。

かしこから聞いたコンペの条件(同じクオリティーで違うデザイン)、自分が力になれないかと思い、澄人は会社に駆け付けたのです。

全て(かしこを含め、会社の人たち全員がアサヒ(髙橋海人)の正体を隠していたこと)を分かったうえで、協力させて欲しいと澄人は申し出ます。青柳社長は感謝とともに、今までのことを謝罪します。

その後、澄人はかしこに連絡を入れます。しかしつながらないので、同居人の渉(田中みな実)に電話してみると、かしこは置手紙を残して姿を消していたことを伝えられるのでした。社員たちは戻って来ましたが、かしこだけ連絡がつかない状態です。

再コンペの日も近づいています。キービジュアルは澄人が、他の社員はかしこを捜すことに。さっそくキービジュアルの制作に取り組む澄人でしたが、なかなか納得のいく作品ができず・・・。

要の今カノ、スミレの正体

渉は元カレの要(三宅健)と会うことに。持っていた台本を要に突き返します。そして同棲している要の今カノのことをガツンと言い出します。

すると「湿度と温度を一定に保っておけば大丈夫」との言葉が要の口から出てきます。このことから渉が要の今カノだと思っていたスミレの正体が発覚します。要が写真を見せるとそこにはカメレオンが写っていました。スミレとはカメレオンのことだったのです。

要のマンションで見かけた女性は、カメレオンの世話係でした。別れて、1人になってから渉のことばかり思い出すと言う要、心内を語り、渉に目を向けると、すでにそこには渉の姿はありませんでした。

再びコンペに

コンペの作品がやっと決まった澄人は出社し、青柳社長に手渡します。澄人が「この作品で」と手渡したキービジュアルを見て、驚きを隠せなかった青柳社長ですが、すぐに「これで行ってみよう」と決断します。

その時、電話がなります。新規発注の依頼でした。これを聞いた澄人は走り出します。かしこの居場所が分かったのです。かしこは、とある会社でお手伝いをしていました。この会社の広告をもらうために頑張っているのです。

へまをして、頭上から段ボール箱が落ちてこようとしたその瞬間、かしこは助けられます。彼女を助けたのは澄人です。そしてかしこをまっすぐ見て「かしこさんを迎えに来た」と。

かしこに出会って、作品作りに対する考え方が変わったこと、そしてもう一度コンペを一緒に勝ち抜こうと澄人は伝えます。そして自分が描いた、勝負するためのキービジュアルをかしこに見せます。これを見たかしこは澄人を、澄人はかしこの目に訴えます。

ヒール役・中越の横やり

いざカロンナ化粧品のコンペに望むかしこと青柳社長。その会場には宿敵の大手広告代理店「電陽堂」の中越(坪倉由幸)の姿もありました。かしこの運命のプレゼンが始まります。そしてキービジュアルの披露となります。

スクリーンに映し出されたキービジュアルは、前回と同じデザインです。カロンナ化粧品側は混乱とともに怒りをにじませます。理由を求められるかしこ。すると会場の扉が開きます。

現れたのは澄人です。かしこに代わって澄人が説明に入ります。著作権問題はクリアであることが示され、カロンナ化粧品側もOKを出す寸前に、横やりが入ります。「電陽堂」の中越です。

中越は、犯罪とされているゲリラアートを描いたのは澄人では?犯罪者の作品を用いるのはどうしたものか?と、弱点を突いてきました。澄人は、ゲリラアートは自分が描いたと正直に話してしまいます。

覚悟する澄人にマスコミの反応は?

プレゼンが終わり、会社に澄人たちは戻って来ます。プレゼンを心配する社員たち。また自分のせいで失敗したと思っている澄人は青柳社長に謝ります。しかし、かしこや青柳社長は「やることはやった、悔いはない」とさっぱりしたものでした。

帰ろうと外に出てみると、彼らを待ち受けていたのは、たくさんの報道陣です。澄人は「アサヒとしてみなさんと過ごせた日々は楽しかったです、ありがとうございました」との言葉を残し、マスコミの前に向かって行きます。

マスコミにつるし上げを食らい、澄人は深々と頭を下げ、謝罪します。すると、澄人が予想すらしていなかった言葉がかけられます

「大変すばらしい作品だと思います」と。マスコミからは称賛の嵐でした。澄人が罪に問われないと分かったかしこたちはホッとします。

一通りマスコミからのインタビューが終わると、澄人のスマホには父・清澄(堀部圭亮)から連絡が来ます。かしこたちみんなに一礼をし、その場を去って行く澄人。これから彼が漆畑澄人として生きて行くことを青柳社長が口にします。

澄人とかしこ、とうとう2人は

父・清澄の事務所に戻って来た澄人を最初に迎えたのは津久井エマ(片岡凜)です。婚約を解消したことを伝えます。すると澄人は以前の澄人のように傲慢ではなく、自分の非を認め謝ります。エマは「初めて謝った・・・」と驚きと優しさの入り混じった表情を見せます。

その後、澄人は屋外にいると、記憶をなくしてしまう事故の直前のことを思い出していました。そしてあることに気づき、かしこを求め走り出します

帰って来るかしこを渉が待ち伏せをしていました。そして、澄人を追いかけるようにけしかけます。素直になれないかしこでしたが、とうとうアサヒ・澄人を求め駆け出します

2人はとうとうお互いを見つけます。澄人は自分が記憶をなくす直前の話をします。そしてとうとう告白!自分の未来にかしこがいて欲しい、好きだと。

泣きながら澄人に近づくかしこ。彼女を受け止め、澄人は優しく抱きしめます。2人はめでたく恋人同士になったのです

『ボーイフレンド降臨!』8話ネタバレあらすじ感想「恋も会社もピンチ!」

2022.12.11

感想『ボーイフレンド降臨!』9話「僕の未来にいてくれ」

最後はハッピーエンドで本当に良かった~って思いました。全てが丸く収まりすがすがしい気分です。

目が留まったのは、アサヒと澄人を演じている髙橋海人くんの表情ですアサヒの記憶を宿したまま漆原澄人に戻った様子がとってもうまいなぁ~って感じました。やっぱり、髙橋海人くん、演技力が上がってるって感じます。

とうとう澄人からかしこに告白となりますが、彼らしいフレーズで心をギュッとされます

ここに至るまで、かしこが行方不明になっていて、ある手掛かりから澄人がかしこの居場所を探し当て、かしこ危機一髪っていう時に彼女を助けに現れるシーンも嬉しいなぁ~って思っちゃいます。

最大のピンチは「カロンナ化粧品」の再コンペから始まる展開でしたね。「電陽堂」の中越、やってくれましたね私だったら「おいっ!中越っ!」って、レッドカード出してますよ(笑)

ゲリラアートの件でマスコミに待ち伏せされ、「ミュー&ホミー広告社」のみんなを残して、1人でマスコミの人だかりの中に歩いていく澄人はどうなっちゃうんだろう?と思いましたが、粋な結果が待っていました。めっちゃホッとします。

何はともあれ、全部がうまくいき、ちょっとうまくいきすぎ~と思えましたが、こういうハッピーエンドは気持ちが晴れやかになっていいですね。

『ボーイフレンド降臨!』8話ネタバレあらすじ感想「恋も会社もピンチ!」

2022.12.11



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です