『ボーイフレンド降臨!』8話ネタバレあらすじ感想「恋も会社もピンチ!」


ジャニーズ大人気グループKing&Prince髙橋海人さん主演ドラマ『ボーイフレンド降臨!』がいよいよスタート。

ドラマに多数出演している髙橋海人さんですが、これがドラマ初主演作品だということに驚きます。さらに髙橋海人さんと年上アラフォー女子2人とのトライアングル・ラブコメディーと言うことで目が離せません。

ドラマ『ボーイフレンド降臨!』12月10日(土)放送の第8話ネタバレあらすじ感想についてまとめました。

『ボーイフレンド降臨!』7話ネタバレあらすじ感想「恋は成就?それとも」

2022.12.04

ネタバレ『ボーイフレンド降臨!』8話「恋も会社もピンチ!」

アサヒを失い、コンペも白紙

とうとうアサヒ(髙橋海人)は漆畑澄人の記憶を取り戻してしまいました。かしこ(桜井ユキ)をはじめ、会社の他の人たちにも騙されていたと感じたアサヒは会社を去り、本来の漆畑澄人に戻ります。

会社では、コンペを勝ち取り、大型案件を手にしたと喜んだのも束の間、作品(キービジュアル)が漆畑澄人の画風を真似ていると言う指摘が入ったため、契約を白紙に戻されてしまいます。会社はアサヒを失い、コンペも白紙とWパンチでした

かしこは自分がもっと早くアサヒに正体を伝えていたらと自分を責めます。青柳社長(光石研)は自分が言い出したことだからと、社員全員に頭を下げます。そして、今の状況から、倒産の危機が再来したことを伝えるのでした。

自宅に戻ったかしこは、アサヒからもらったキーホルダーを手にしながら、彼との思い出を思い出していました。少しでも一緒にいたくて、彼に嘘をつき続けたかしこ。涙が止まりませんでした。

秘密がバレて

一方、渉(田中みな実)はネットカフェでゲリラアートを調べていました。その時系列、彼女の前に現れた漆畑清澄(堀部圭亮)の秘書・高木(小松利昌)の言葉から、ゲリラアートを作製したのは漆畑澄人だと気づきます。

翌朝、かしこのところに渉が帰って来ます。2人はお互い話があると切り出します。まずはかしこから。アサヒの記憶が戻ったこと、自分が漆畑澄人だと思い出したことを話します。さらに自分たちがアサヒの身元を隠していたことを知られたことも。全て自分のせいだと思っているかしこは辛さがにじみ出ていました。

父・清澄への反発

澄人のところに父・清澄がやって来ます。そして新聞記事を見せるのでした。そこにはゲリラアートは犯罪という見出しがおどっていました。自重するように言う清澄に対して、対抗するような言葉を澄人は連発します。

会社の存亡をかけた唯一の条件

会社ではかしこが孤軍奮闘!頑張らないと会社がつぶれることになるので、小さな案件でも契約を取って来ていました。そんな彼女の頑張りを見た他の社員も前向きに仕事に取り組むのでした。しかし、青柳社長はあきらめモード。

唯一の光は、白紙に戻されたカロンナ化粧品のコンペが再び有効になることでした。

そのためにはある条件をクリアしなければなりません「別のデザインで同じクオリティーのもの」これが必要なのです。

そこに立っていたのは・・・

澄人はかしことの思い出が詰まった橋の上で、アサヒだったころのこと、かしこのことを思い出していました。そこに突然、要(三宅健)が現れたのです。事情の分かっていない要はグイグイと自分のペースに引き込み、澄人を連れて行ってしまいます。

カフェで要は澄人にあるお願いをします。自分の書いた脚本を渉に渡して欲しいと。要は澄人の話も聞かずに去っていくのでした。仕方なく、澄人は渉と連絡をとり、後に要の脚本を取りに来てもらうように自分の住所を伝えます。

ドアホンがなり、渉が来たと思った澄人がモニターを見ると、そこに立っていたのはかしこでした

澄人の対応は?

部屋に通されたかしこは今まで自分がしたことを謝ります。しかし、澄人は塩対応、帰ってくれと吐き捨てます。

かしこは、今度はコンペが白紙に戻されてしまい、会社が窮地に陥っていること、漆畑澄人として会社に力を貸して欲しいと頭を下げます。それでも澄人の対応は「しつこい」と一言。彼の部屋を出て行ったかしこは涙が止まりませんでした。

澄人の気持ち

澄人は要の脚本を渉に渡しに行きます。手渡すとすぐにその場を去ろうとする澄人。渉は(アサヒの正体を)黙っていたことを謝ります。

もし正体を言っていたら、目の前から消えてしまうとの不安があったことを伝えます。かしこも同じだと。さらにゲリラアート、何かのトラブルで記憶を失ったと付け加えます。

すると澄人はゲリラアートを描く理由を語り始めます。最初は絵が好きなだけでしたが、有名になると「漆畑澄人」というフィルターを通して作品が色眼鏡で見られるようになってしまったと。

すると渉は、それは甘えだと言い出します。自分自身の才能を信じていれば、誰がどう評価をしようが関係ないと伝えるのでした。

澄人が走った先には

自分のアトリエに戻った澄人は新聞を手にします。そこには不動産の掲載広告が。以前、かしことアサヒが手掛けた浅桜不動産のものでした。2人で協力した時のことを思い出し、いてもたってもいられなくなった澄人は、かしこのいる会社に走ります。

到着し、会社のドアを開け、中に入ると、そこにいたのは青柳社長ただ一人。そして会社は解散すると言う事実を伝えられます。不安に駆られた澄人は渉に電話、かしこの居所を聞きますが、帰って来た返事は「かしこはもういないよ」というものでした。

『ボーイフレンド降臨!』7話ネタバレあらすじ感想「恋は成就?それとも」

2022.12.04

感想『ボーイフレンド降臨!』8話「恋も会社もピンチ!」

アサヒを失い、大型案件のコンペも白紙、Wパンチという展開には、「目の前が~」って感じです(汗)。かしこ、よく耐えていると思いますよ、会社では!渉の前や、一人で涙するかしこの様子は痛々しいです。

これに対して、記憶を取り戻し、だまされたと感じたため会社を去った漆畑澄人が、過去のことを回想するシーン、ここがたまらなく良いです冷たい澄人に対して、温かみのある穏やかなアサヒの笑顔がそこにはあって、これがめちゃめちゃキュンです

ってか、アサヒと澄人を演じている髙橋海人くん、何だか演技、うまくなってませんか?同局で放送されていたドラマ作品『未来への10カウント』のころから、私的には海人くんが急成長している気がします。今回は2人の人物の使い分けが、かなりしっかりとできていて、違和感がない感じがします

さて本線では、Wパンチを一掃するための唯一の方法がなかなかうまくいきませんが、渉の言葉が、心の中に残っているアサヒを呼び起こして澄人を変えるんじゃないかなぁ~という展開ですね。

やっぱり、アサヒくんがいいなぁ~あのかわいらしい、無邪気な笑顔をまたみたいですね。絶対ハッピーエンドだと思いますが、どんな結末が用意されているのか!期待したいですね。

『ボーイフレンド降臨!』7話ネタバレあらすじ感想「恋は成就?それとも」

2022.12.04



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です