『君の花になる』9話ネタバレあらすじ感想「もうやれることは1つしか」


本田翼さん主演ドラマ『君の花になる』は本田翼さんがひょんなことからボーイズグループの寮母になり、一緒にトップアーティストになる夢にむかっていく”胸キュン”成長物語です。

”胸キュン”ポイント、ボーイズグループ『8LOOM』を演じるイケメン俳優や『CHAYNEY』を演じるリアルアイドルINIにも目が離せません。

ドラマ『君の花になる』12月13日(火)放送の第9話ネタバレあらすじ感想についてまとめました。

『君の花になる』8話ネタバレあらすじ感想「急上昇の8LOOMに最大のピンチ」

2022.12.07

ネタバレ『君の花になる』9話「もうやれることは1つしか」

寮を去るあす花

あす花(本田翼)と弾(高橋文哉)のツーショット写真がSNSで広まってしまい、離れて行くファンに歯止めが利かない状態になってしまいました。なる(宮世琉弥)はあす花に寮を出て行って欲しいと言い出します。すると、あす花も反論せずに出て行ってしまうのでした。

その後、他のメンバーが帰って来ると、なるはあす花が出て行ったことを伝えます。なぜ引き留めなかったのかと怒る弾。なるは「8LOOMのためだ」と返すのでした。さらに、「(弾にあす花とのことは)気を付けてと言ったよね」とまくしたてます。

居ても立っても居られない弾は、あす花を追いかけようとします。そんな弾に対してなるは「8LOOM100(8LOOMに100%全力投球する)になるんじゃないの?あれは嘘だったの?」と訴えます。

花巻社長の考え

事務所では、あす花が花巻社長(夏木マリ)に会っていました。そして、寮母を辞めると申し出ます。そんな彼女に花巻社長は、若い8LOOMのメンバーが将来体験するだろう挫折をはじめ様々なことを伝えます

最後には「彼らからこの場(光り輝くステージ)を奪っていいのか?」と話すのでした。

弾はいらない

8LOOMメンバーの話し合いをしていると、そこに花巻社長が現れます。大騒動を起こしているものの、自分は間違っていないと思っている弾に自粛が言い渡されます。ゆえに、しばらくの間、8LOOMは6人で活動することになりました。

分解しそうな雰囲気の8LOOM。なるは「8LOOMは俺が守る、今の弾は8LOOMにいらない」と、弾に突きつけます。

自粛中の弾は、寮にこもっていると、寮の前には大勢のマスコミが詰めかけていました。弾とは対照的にTVでは、6人が8LOOMとして一生懸命仕事をこなす日々。

作曲さえも奪われ

3か月が経ちました。弾はなかなかいい曲が作れないままです。6名で活動している8LOOMは頑張っていて、人気を取り戻していました。

メンバーがマネージャーのケンジ(宮野真守)に「(弾が)そろそろ戻って来てもいいのではないか?」と提案します。すると、なるは、自分たちは信頼を回復させるのに、これまでどれほどの思いでやってきたのか!と激高します。

一方、弾にチーフマネージャーの香坂(内田有紀)が、ショッキングなことを伝えます8LOOMのライブの新曲を、弾ではなく他の人が作ると。「みんなが認めるはずがない」と言う弾ですが、香坂はみんなが了承したことを伝えるのでした。

これだけでもショックですが、SNSの書き込みを見てさらにショックを受けます。しかし、その時、目の前にあった商店街の祭の時の写真を見て、あることをメンバーに伝えることにしました。それは、今年も商店街の祭のステージに上がった方がいいというものでした。

これをメンバーに伝えると、なるは「もっと大切なことがあるんじゃないの?」といらだちます。弾は他の人の曲が使われること、みんなが了承したことも聞いていると話すのでした。

みんなにとっては弾の作る曲の方がいいに決まっています。しかし、事務所の方針には逆らえない状況なのです

8LOOMに100%をささげなければ

商店街の祭当日、自粛中の弾を含め7人で訪れます。すると弾も含め、みんなでステージにと。自粛中で8LOOMの活動ができないと思っていた弾は驚きます。

実は香坂に、6人のメンバーたちは、弾も一緒にパフォーマンスすることにOKをもらっていたのでした。祭の日は、8LOOMがオフの日なので、プライベートなら問題ないと。

初めて参加した時のように着ぐるみを身に着けたまま、ステージパフォーマンスが始まります。会場と一体になる8LOOM。

ステージも無事終わり、記念写真などを見ながら盛り上がっていると、なるは離れて行ったファンもいることを伝え、そういう人たちのことを忘れちゃだめだといさめるのでした。

栄治(八村倫太郎)もMBAの資格を目指していたがCHAYNEYのメンバーに8LOOMが円満になるには全員が8LOOM100にしておかなければと言われたことを伝えます。そしてみんなも8LOOMが1番と確認するように言うのでした

なるの気持ち、あす花の気持ち

弾は一人、街中でさまよい、あす花とのことを思い出していました。偶然、あす花の姉・優里(木南晴夏)に会った弾は、彼女に今現在のあす花のことを伝えられます。あす花は今、フリースクールで頑張っているのでした。

弾は何も言わずにあす花が自分の前から消えたことをこぼします。すると、優里はICレコーダーにお別れの言葉をあす花が残したことを伝えます。それをなるに渡したと。弾はそんな話を聞いていなかったし、なるからもICレコーダーを渡されていないので驚きます。

寮に戻った弾は、なるにこのことを問い詰めるのでした。するとなるは「渡せるわけないでしょ」と声を荒げます。もし弾があす花の音声を聞いたら自分たちの前から消えてしまうと思っていたのです。

弾とオーディションで会った時から尊敬していたこと、本当は弾に幸せになって欲しいし、あす花とのことも邪魔したくなかった、でも8LOOMは止めるわけにはいかなかったこと、そしてどうしたらいいのか分からなくなってしまったと話します。最後には弾に謝ります。

すると、巧(NOA)がメモを持ってきます。あす花のいるフリースクールの住所が書かれていました。弾はすぐさま駆けつけるため、部屋を出ようとします。なるは彼を止めようとします。

そこに香坂がやって来ました。彼女は「止めないけれど、あす花は喜ばない」と言うのでした。実は、あす花が寮母を辞める時に香坂と話をしていたのです。香坂は、あす花がもう(事務所の)関係者ではないので、弾との恋愛に関与しないことを伝えていました。

しかし、あす花は誰かの夢を潰したくないという気持ちが強いため、弾の前から姿を消すことを選んだのです。「あす花を苦しめてもいいのか?」と言う香坂に対し、意を決したように弾は出て行ってしまいます。

あす花は新しい一歩を踏み出し

弾はフリースクールに駆けつけます。そして、その場に座りこみ、あす花のお別れの言葉を再生。あす花の思いが詰まったメッセージを聞き、弾は涙します。その時、フリースクールの生徒たちを引率しているあす花が戻って来ます。

弾は彼女に向かって歩いて行きます。しかし、何も言わずにすれ違います。弾は決断したのでした。

弾は土砂降りの雨の中、歩みを進めていると、突然傘を差しだす人物が現れます。池谷先生(前田公輝)でした。あす花が元気でやっていること、今度は生徒を全力で支える、みんなに花咲かせるんだと言っていたことを伝えます。弾は傘を受け取ることもなく、走り去ります。

衝撃の一言

有起哉(綱啓永)の提案で、8LOOMメンバーは自分たちが思っていることを、腹を割って話す機会を持ちます。各人が話し出すと、みなそれぞれ方向が・・・それでも一番は8LOOMであることを堅持しているようでした

そこに弾が戻って来て、8LOOMのことをみんなめちゃめちゃ大事にしていて、でもやりたいことが出て来て戸惑っていると伝えます。自分がしっかりしていないばかりに、みんなに迷惑をかけたと涙ながらに謝る弾。

すると、歌うこともできず、曲も他の人のものになったしまった弾の苦しさを話すメンバー。メンバーがいることが当たり前だと思っていた弾。メンバーも8LOOMに対するアツい思い&グループ愛を伝えるのでした。

「自分がやりたいことよりも8LOOM100にして、みんなで一つになって」と言うなるでしたが、弾は「やだー」と大声を出します。そして「みんなに夢をあきらめて欲しくない、8LOOMがみんなを縛るものになって欲しくない」と伝えるのでした。

有起哉は苦しそうな声で「なんだよ、じゃあやれることもう1個しかねーじゃん」と。そして、弾がこの言葉を絞り出します。「俺たち・・・解散しよう」・・・

『君の花になる』8話ネタバレあらすじ感想「急上昇の8LOOMに最大のピンチ」

2022.12.07

感想『君の花になる』9話「もうやれることは1つしか」

今回は切なくて厳しいシーンが多かったですね~。胸がギュッとしめつけられます

なるが今回は表立って8LOOM愛を爆発させて、みんなに8LOOM100状態を迫りますが、ちょっと暴走気味ながら、強烈なグループ愛を感じます。

あす花との2ショット写真がSNSで炎上、事務所にもメンバーにも迷惑をかけている弾が活動自粛、そして作曲さえも奪われてしまう展開では、存在意義が失われちゃったので目の前が真っ暗・・・とまではいかないまでもガーンってなっちゃうんだろうな~と思えました。

弾がいてもたってもいられず、あす花の新しい職場に走ったものの、彼女の残したメッセージを聞き、決断したようで、その直後のあす花に向かって歩いて行き、決別するように何も言わずにすれ違っていくシーンはとても印象的です

そしてとうとう来ちゃいましたね。この日がっ!有起哉が絞り出す言葉はかなりガツンと来ます。「なんだよ、じゃあやれることもう1個しかねーじゃん」と力なく話し出すところからのシーンは、「えっ!?そっちに行っちゃうの?」と思わずにいられませんでした

8LOOMはやっぱり解散しちゃうんでしょうか?あす花と弾の恋の結末は?次回の最終回、目が離せませんね。

『君の花になる』8話ネタバレあらすじ感想「急上昇の8LOOMに最大のピンチ」

2022.12.07



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です