『君の花になる』6話ネタバレあらすじ感想「大ブレークの中、事件の発生」


本田翼さん主演ドラマ『君の花になる』は本田翼さんがひょんなことからボーイズグループの寮母になり、一緒にトップアーティストになる夢にむかっていく”胸キュン”成長物語です。

”胸キュン”ポイント、ボーイズグループ『8LOOM』を演じるイケメン俳優や『CHAYNEY』を演じるリアルアイドルINIにも目が離せません。

ドラマ『君の花になる』11月22日(火)放送の第6話ネタバレあらすじ感想についてまとめました。

『君の花になる』4話ネタバレあらすじ感想「急接近!弾とあす花が・・・」

2022.11.09

ネタバレ『君の花になる』6話「大ブレークの中、事件の発生」

恋愛トライアングル

寮の門前に出てきて、待っていたあす花(本田翼)。弾(高橋文哉)は寮にいる彼女のもとに走ります。2人がお互いを目にした時でした。突然横から弾に抱き着いてきたのは奈緒(志田彩良)だったのです。

これを見てしまったあす花は寮の中に姿を消します。弾は奈緒に対して「そういう目では(恋人として)見られない」と断ります。寮に戻った弾はあす花に、本心を話そうとしますが、ビビってしまい尻込みしてしまうのでした

まもなく8LOOMのメンバーが帰って来ます。彼らは、しばらく寮には帰れないとあす花に伝えます。全国のTV番組出演の依頼がひっきりなしに来ているのです。部屋に戻り、支度を始めるメンバーたち。

弾は「落ち着いたらちゃんとするから」とあす花に言って、支度を始めるのでした。

大ブレークするも・・・

3か月後、8LOOMは大ブレーク!デビュー曲が3年越しに大ヒット。そして無事、契約更新となったのです。メンバーは取材を受けていました。

その中で、有起哉(綱啓永)が「辞めて行った仲間の分まで頑張るつもりで」と口にします。すると微妙な雰囲気になってしまいます。

事件の足音

一方、あす花は姉・優里(木南晴夏)を訪れていました。お互いの近況報告を交わします。そのうち優里はあす花と弾のことを話し出すのでした。実はイベントの時にあす花と弾が仲直りという名目でハグしていたのを見てしまった優里。

優里は嬉しそうに話しますが、あす花は、寮母とメンバーの間に恋愛が入り込んではいけない、彼らの成長を邪魔するのは許されないことと思って、一線を引いているのでした。

帰り道では、弾の「俺、やっぱりあんたが・・・」との言葉を思い出しながら歩いていました。ふとあるものが目に留まります。寮の玄関前にはケーキが無残にも散らかっていたのです

有起哉と栄治の亀裂が決定的に!

寮で1人食事をしているあす花。そこになる(宮世琉弥)と有起哉が帰って来ます。他のメンバーはそれぞれの仕事をこなしていました。ですが、有起哉は栄治(八村倫太郎)に対しては不機嫌でした。

大学卒業かと思ったら、次は資格の勉強をしている栄治有起哉は、彼にも自分と同じように24時間8LOOMのことに全力投球して欲しいと思っていたのです。

そのうち、弾の母校から凱旋ライブのオファーがあった話になります。過去のトラウマが頭をよぎるあす花。まもなく、有起哉のもとにメッセージが入ります。8LOOMを脱退した良介(池田匡志)からでした。有起哉はこっそり良介にライブのことを伝えていたのです。

ライブに来られるとの良介の返事に喜ぶ有起哉でしたが、そこに帰って来た栄治は怒り出します。この2人は言い合いになり、亀裂が入ってしまいます

弾の凱旋ライブとあす花のトラウマ

弾を迎えに行くあす花。途中で雨が降って来てしまいます。雨宿りをしているところに弾の登場。相合傘で帰ることになります。そのうち、良介の話になります。

凱旋ライブで新曲披露を弾の母校ですることになった8LOOMですが、あす花はかつて教師を辞めると言う迷惑をかけたので、行けないと言い出します。

弾はそんなあす花に配信を勧めます。「今度の新曲、今のあんたに聴いて欲しい!」と。

事件は深刻化し・・・

2人が寮に帰ってみると、ベランダには植木鉢やビンが割られていました誰かが投げつけたのではないか?と、なるが口にします。これを見て、あす花は、寮の前でケーキが台無しになっていたとこと思い出します。

警察に事情を伝え、見回りが強化されることに。香坂(内田有紀)がやって来て、こうした事態が起こった以上、寮にいるのは危険が伴うため、事件が解決するまでホテル暮らしだと伝えます。あす花に対しては姉のところでしばらく休養と指示しますが、あす花は寮母ゆえ寮に留まることに。

正面衝突する有起哉と栄治

ホテルの一室で一緒にいるなるに弾は自分のいら立ちを話します。そんな弾になるはアドバイスを送るのでした。そのうち、事件が発生します。有起哉と栄治がけんかをしたのです。2人はお互いの態度に腹が立っていたのでした。

有起哉はメンバー全員にいつも8LOOMのことだけを考えていて欲しいのです。しかし、栄治は自分の可能性を広げるために勉強したいのでした。意見が真っ向から衝突する2人。

弾は栄治に自分が思ったようにやって欲しいと伝えるとともに、自分は8LOOMに全力投球すると伝えます。

良介脱退の真実

レッスン会場に弾の母校の先生、豊高(塚本高史)と池谷(前田公輝)があいさつに訪れます。話の流れで、あす花の話になる8LOOMメンバーと池谷。あす花の話を聞いた池谷はぎこちない様子になります。

一方、寮では、フードを目深にかぶった男がレンガを投げつけようした、まさにその瞬間、あす花が「良介くんだよね」と。そして寮の中で話をすることになります。

良介が嫌味を言っているところに、8LOOMメンバーが帰って来ます。有起哉は「仲間にいやがらせなんてありえない」と怒ります。

すると、良介は8LOOMを辞める時に弾に言ったことを話し出します売れないので、このまま8LOOMにいても意味がないと良介はあきらめていたのですそして自ら辞めたのでした

弾が良介を脱退に追い込んだと思っていた有起哉は、真実を知り、愕然とします

誤解が解け・・・

8LOOMのメンバーの前で、全てを理解した有起哉は謝ります。良介が辞めたのは弾のせいだと思っていたこと、栄治に自分の考えを押し付けていたこと。すると栄治も態度を軟化させ、謝ります。無事、わだかまりも解けました

弾は1人、キッチンにいるあす花のもとに行きます。「からかって悪かった」と弾は切り出します。メンバーとあす花と一緒に頑張りたいと伝えるのでした。

良介の気持ち

8LOOMメンバーは弾の母校に到着。あす花は良介の前に姿を現します。あす花は、事件の最初から、良介の仕業だと分かっていたのです。良介も自分と同じだと感じていたあす花は、自分のことを話し出します。良介も「目をそらし続けるのを終わらせたかった」と打ち明けます。

しかし、寮の前まで行くと、今まで抱えてきたイライラが募り、ひどいことをしてしまったのでした。さらにそんな自分に嫌気がさしていたのです。あす花は、そんな良介に優しく、心に響くアドバイスを送ります。

凱旋ライブ

体育館のステージに8LOOMが登場。高校時代の自分のことを話し始め、みんなの背中を押したい思いで新曲を作ったと弾は伝えます。歌い始めると、良介が体育館に現れます。ケンジ(宮野真守)が彼を受け止め、優しく諭すのでした。メンバーも舞台上から良介の存在に気づきます。

彼には、高校時代をはじめ、8LOOMとして一緒に活動していたころを思い出がよぎります。泣きながら笑顔になる良介。新曲が終わると「8LOOM最高~♪」と叫ぶのでした。

さらに絆が強くなる8LOOM

ライブが終わり、8LOOMメンバーの前で謝る良介。すると同時に栄治が謝ります。有起哉のことを傷つけたこと、ずっと8LOOMを辞めたかったことを言い出します。さらに今までは大学を逃げ道にしていたとも。

しかし今は、勉強することでTV出演の幅が広がる、そして万一何かあったときに知識でメンバーを守ってあげられると考えているのです。有起哉、弾も本心を皆に話します。全員の溝が埋まり、みんなで抱き合い、仲直り

そのうちに良介が、途中まであす花とここに来ていたと口にします。すると弾は、雨の日のことを思い出し、あす花のもとに走ります。あす花は呼吸に異常をきたし、道端でうずくまっていました。彼女を見つけた弾がやって来て、あす花の手を握り「あす花」と・・・

『君の花になる』4話ネタバレあらすじ感想「急接近!弾とあす花が・・・」

2022.11.09

感想『君の花になる』6話「大ブレークの中、事件の発生」

キュンポイント3つ、いただきましたっ!

雨の中、相合傘で寮に帰る途中、「弾がいた」と言っている女子高生2人組が通りかかると、あす花をかばうようにして壁に寄せるシーン!顔が近づいてドキッとしますね。思わず「近いっ」と思いながらも嬉しい心の悲鳴になりそうです(喜)。

2つ目に来たのは、8LOOMが狙われているのではないか?という事件が発生した時です。寮にいることが危険なので、ホテルに泊まるよう香坂に指示されたのちに、弾があす花の作ったおにぎりをわしづかみにして持っていくシーン「他人じゃないから」と力強く口にするのにはズキューンと来ます♪

そして3つ目。トラウマがあり、凱旋ライブ会場の手前まで来ていたあす花が道端で異常をきたしているところに弾がすぐに表れた直後です!あす花の手を握り「あす花」ととうとうここまで来たかー!って思いました~

このシーンでの弾の表情がとっても良いんです♪しかもですよっ、スチール写真のようなカットが輪をかけてますっ!ここ、ヤバいですよ

また、今回は有起哉と栄治の考え方の差で不穏な空気が8LOOMを襲い、分裂するようでしたが、やはり団結力がさらに強まる結末を迎えて安心しました。

考えは違っても2人ともしっかりと8LOOMのことを考えているところなんか、感動ですね特に栄治の考えていることが分かったときには、「この子、すごいっ」と思っちゃいました。

『君の花になる』4話ネタバレあらすじ感想「急接近!弾とあす花が・・・」

2022.11.09



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です