『君の花になる』7話ネタバレあらすじ感想「とうとう思いがあふれ出す弾」


本田翼さん主演ドラマ『君の花になる』は本田翼さんがひょんなことからボーイズグループの寮母になり、一緒にトップアーティストになる夢にむかっていく”胸キュン”成長物語です。

”胸キュン”ポイント、ボーイズグループ『8LOOM』を演じるイケメン俳優や『CHAYNEY』を演じるリアルアイドルINIにも目が離せません。

ドラマ『君の花になる』11月29日(火)放送の第7話ネタバレあらすじ感想についてまとめました。

『君の花になる』6話ネタバレあらすじ感想「大ブレークの中、事件の発生」

2022.11.23

ネタバレ『君の花になる』7話「とうとう思いがあふれ出す弾」

感謝デーの企画

8LOOMのライブに駆けつけるも、あす花(本田翼)はトラウマから、校門でうずくまって動けなくなっていました。そこに弾(高橋文哉)が駆けつけますが、直後に池谷先生(前田公輝)が現れ、あす花を気遣い、自動車に連れて行き、落ち着くまで休ませるのでした。

寮に帰った8LOOM。彼らを待っていたのは妙に明るいあす花でした。彼女の体調を気遣うなる(宮世琉弥)に対して「大丈夫」とあす花は元気に答えます。妙にテンションが高いあす花を弾は怪訝に見つめるのでした。

のちに弾とあす花2人きりになると、あす花は「自分も頑張らなくちゃ、みんなが歌っている姿を見て、誇らしかった」と伝えます。弾が部屋に戻ると、他のメンバーがあす花の感謝デーを企画していました。サプライズで決行することになります。

先手を打つ花巻社長と香坂

花巻社長(夏木マリ)に、新規売り出しプランを香坂(内田有紀)が提案。そしてケンジ(宮野真守)は、高校から、受験生に向けたビデオメッセージの依頼が来ていると伝えます。社長は、先日の高校でのライブ配信のウケがよかったので、OKを出します。

その後、あす花が倒れたことから始まり、寮母について話をする花巻社長。彼女はあす花の立ち位置を心配していました。退出した香坂は、社長が今までと違う雰囲気をあす花と弾に感じているのでは?と思い、2人に釘を刺すことを考えます

あす花が寮で1人きりの時を狙って、香坂がやって来ます。そして、あす花に、寮母として弾とのかかわり方にきちんと線引きをするように伝えますあす花は若干戸惑うものの、「わかってますから」と答えるのでした。

なるの様子が・・・

8LOOMメンバーは部屋で、感謝デーの話で盛り上がっていました。あす花の好みなどよくわかっていないと気付きます。盛り上がっているメンバーとは違い、なるはビデオメッセージのことを考えていました。受験生に向けてのメッセージですが、自分も同じ年齢なので、戸惑っていました。

話し合いの最中に、あす花がお茶をもってやって来ます。危うく感謝デーがバレそうになりますが、ビデオメッセージの件だとメンバーたちはごまかします。

明らかになるあす花の暗黒時代

翌日、弾となる2人きりの時に、なるの昨夜の様子がおかしかったので、弾は「大丈夫か?」と問います。なるは進路のこと悩んでいる様子でした。そこに優里(木南晴夏)がお弁当を持ってきました。なるの話で、あす花が高校に自分で行こうとしたと知ります。

レッスンスタジオに到着すると、そこではメンバーが、池谷&豊高(塚本高史)両先生に、あす花が高校を辞めた理由を聞いていました。豊高先生が話し始めようとすると、優里がズカズカと近寄り、お弁当をテーブルにドン!怒りの視線を彼に向けます。

弾はのちに、池谷先生に、過去のあす花に何があったのかを訊きます。そして池谷はみんなに教師時代のあす花の話をし始めるのでした。

教師時代のあす花は、生徒たちから頼りにされていた・・・というのは外見上で、その実は、周りからいいように使われていたのでした。どんな頼まれごとをされても、快く全て引き受けてしまうあす花。やることがあまりにも多くなりすぎます。

そんな中、ある生徒のことがきっかけで、あす花の心は壊れてしまいますトドメを刺したのは、豊高先生の「頑張りが足りないんじゃない?ほかの先生はちゃんとやれてるよ」との言葉でした。

次の日から、あす花は学校に行けなくなってしまいます。その後、病院に通い、1年くらいしてやっと優里の店を手伝えるようにまで心が回復したのでした。

感謝デー♪サプライズパーティーで

8LOOMメンバーは、かつてのあす花の話を聞いたことで、何ができるかと考えていました。すると、「いつものようにしてやれ」と弾は言うのでした。「自分たちだって変に気を遣われるのは嫌だろ」と加えます。

そして、とうとうサプライズの時がやって来ます。あす花の感謝デー♪それぞれプレゼントを手渡し、一緒に感謝の言葉を口にするメンバー。あす花も喜びを爆発させます。

メンバーのメッセージが書き込まれた色紙を見て、あす花は学校の話に触れます。微妙なちゅうちょを見せるメンバーでしたが、あす花は彼らが自分の暗黒時代を知っていることを優里に伝えられていたのです。

今は、本当に嬉しいと言うあす花ですが、「でも・・・」と付け加えます。寮母になるときに決めた目標に到達しそうと思う時があっても、過去のトラウマ、たくさんの人を放り出して逃げてしまった自分が許せないのでした。

先日の高校でのライブの時に、ライブ配信で8LOOMの曲を聞いていて、勇気をもらい、足が高校へと向かったのです。高校に入れ、迷惑をかけた人たちに謝れたら、自分を許せるのではないか?とあす花は考えていたのです。

しかし、校門の前まで来ると、ダメだったのです。そんなあす花を8LOOMのメンバーは励まします。さらに心に響く弾の言葉の連打!あす花の心に刺さりますあす花はみんなのおかげで過去を乗り越えたようでした。

とうとう思いがあふれ出す

屋上であす花が1人、余韻に浸っているところに弾がやって来ます。弾は「ずっと考えてた・・・」と。ためにためて「感謝のプレゼント・・・いや、あんたのこと」と言うとともに、あす花を引き寄せます。そして弾は自分の思いがあふれ出るのでした「俺、あんたが好きだ」!この様子を見ている人物が1人いました。なるです。彼は・・・

『君の花になる』6話ネタバレあらすじ感想「大ブレークの中、事件の発生」

2022.11.23

感想『君の花になる』7話「とうとう思いがあふれ出す弾」

今までほんの一部しか映像がなかった、あす花の暗黒時代が明らかになりましたね。あす花はひとがいいから何でも請け負っちゃうんだろうなぁ。それに付け込むような周りってどうなの?と思いましたよ。

一つボタンを掛け違えただけで、一気に潮が引いたように手の平を返す生徒たち、あす花の相談にも乗らずに放っておく先生たち、そのため孤立して行ってしまうあす花の耐えている姿を見ると、本当につらいです

しかし、さすが8LOOM!やってくれましたね。あす花のトラウマを吹き飛ばしてくれたと感じられるシーンでは、心晴れる気分でした。そして、とうとうやって来ましたね~♪弾のあす花への思いがあふれ出しました思わずキター!って思っちゃいました

ただ、この様子を離れたところから見てしまったなるの様子が気になります。最初は「なるもあす花のことが?」って思っていましたが、「もしかして、弾のことが?」っていう考えも浮かびました。どちらのケースもありそうですが、いずれにせよなるの動向も注目です

『君の花になる』6話ネタバレあらすじ感想「大ブレークの中、事件の発生」

2022.11.23



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です