『君の花になる』8話ネタバレあらすじ感想「急上昇の8LOOMに最大のピンチ」


本田翼さん主演ドラマ『君の花になる』は本田翼さんがひょんなことからボーイズグループの寮母になり、一緒にトップアーティストになる夢にむかっていく”胸キュン”成長物語です。

”胸キュン”ポイント、ボーイズグループ『8LOOM』を演じるイケメン俳優や『CHAYNEY』を演じるリアルアイドルINIにも目が離せません。

ドラマ『君の花になる』12月6日(火)放送の第8話ネタバレあらすじ感想についてまとめました。

『君の花になる』7話ネタバレあらすじ感想「とうとう思いがあふれ出す弾」

2022.11.30

ネタバレ『君の花になる』8話「急上昇の8LOOMに最大のピンチ」

8LOOM赤丸急上昇♪

8LOOM人気は爆上がりして、TVで初パフォーマンスを披露するまでになりました。あす花(本田翼)も彼らの大きく成長した姿をTVごしに、ごきげんで見ていました。

出演が終わり、控室ではほとんどの8LOOMメンバーが「8LOOMY(8LOOMのファン)のおかげ」と。弾(高橋文哉)も「だな」と同意、しかし、なる(宮世琉弥)は憂いある表情でした。

彼には先日の屋上での出来事がよみがえります。弾の告白シーン!弾とあす花は、お互い励ましあう「花丸」をつけあう関係に。これを陰で聞いていたなるは・・・

フリースクール

ある日、池谷(前田公輝)と会うことになるあす花。8LOOMの個々人での活躍も嬉しそうにあす花は彼に話します。池谷の方は、鶴ケ崎高校を辞め、フリースクールで働いていることを伝えます。このフリースクールに、あす花は興味津々でした

全国ライブツアー決定!

寮では、8LOOMメンバーが個々人の活動の報告。しかし、ただ一人、なるだけは話を振られても様子がパッとしませんでした。そんな中、花巻社長(夏木マリ)とマネージャーの香坂(内田有紀)がやって来ます。

視聴者の反応がいいこと、視聴者に望まれているので、8LOOMの全国ライブツアーを開催すると発表。この決定に8LOOMは大喜びでした。夜、屋上で、あす花と弾は、相手の花丸な行動をほめあっていました。

また階下に戻ると、なるが勉強していてわからないところを、あす花が教えます。なるは「いつも誰かの役に立てて凄い」とあす花に伝えます。それに対して、自分は8LOOMの役に立ててないと思っているのでした

迷走中のなるに、あす花がアドバイス。その後、なるは映像編集が最もやりたいことだと実感します。2人が仲良さそうに話をしているところに、弾がたまたま現れます。弾はそっけない態度でした。

弾を追いかけて行き、そんな態度では(弾とあす花の関係が)バレてしまうから、もっと気を付けてと伝えます。

なるがPV制作担当に

ライブツアーに向けて弾には新曲を作るよう香坂が。すると、弾がPVを自分たちのメンバーの誰かが監督することを提案します。香坂もプロのサポートをつけることでOKします。

すると、弾がこの仕事を振ったのは、なるでした。なるが動画をよく見ていて、この分野に興味を持っていること、また悩んでいることも感じていたのです。なるは、やらせて!と超やる気がみなぎります

なるは8LOOMの新PVのために結集された映像のプロフェッショナルたちとともに協力して作品作りをすることになります。

事件の発生

屋上であす花と会っている弾は、自分たちが何もかもうまくいきすぎていることに怖さを感じていて、そのことをあす花に話します。あす花はそんな弾に大丈夫と元気づけ、2人で花丸をつけるため手を取りあいます。

すると事件発生!屋上でたまたま寝ていた有起哉(綱啓永)が、目を覚まして2人の様子を見てしまったのです。驚いてオロオロしながらも、メンバーのところに報告に行ってしまいます。

この現場を押さえられてしまった弾とあす花。弾は「俺から話すから」と。そして弾はみんなの前で説明を求められます。すると弾は「俺は、あいつが好きだ」と切り出しますが「俺たちはときどき花丸をつけあって励ます関係だ」と話すのでした。

有起哉は「何それ?」と訳が分かりませんでした。弾は「恋とか愛とかじゃない」と伝えます。そんな弾をみんなが応援することに。しかし、なるだけは様子が・・・。

なるのこだわり

PV撮影当日がやって来ます。現場に無事到着し、撮影が順調に進みます。しかし、なるが考えているイメージとは違っているので納得がいきませんでした。休憩中も映像を何度も見直している中、映像スタッフたちは「いい感じだと思うんだけど」と小言をこぼします。

それでもやはり、なるは納得がいきませんでした。そのうち、映像スタッフの1人が「なるくんが撮ったものならファンは何でもOK」という禁句を言ってしまいます。なるは少々がっかりした表情を浮かべ「そう・・・ですかね・・」と。

お弁当タイムになり、元気のよいメンバーに対して、なるだけがテンション下がり気味でした。気遣って声をかける弾。なるは8LOOMメンバーに「将来どうなっていたいか?」という質問を投げかけます。

皆一様に将来の目標がありますが、なるは自分がどうなりたいのかまだわからない状態でした。そんななるにあす花の一言が刺さります。

いきなり走り出し、映像スタッフのところに行き、「もう一度撮りなおさせてください」「わがまま言って申し訳ないんですけど」と頭を下げます。スタッフは「こだわって仕事をするのはわがままじゃないから」と、なるのこだわりを尊重します

忍び寄るカゲ

一方、弾はあす花のもとに行き、花丸をつけます。すると林の陰からカメラのフラッシュが!この時は気配を感じながら、あす花は気のせいかと思っていました。

なる主導で作り上げられたPVを見た花巻社長は「悪くないんじゃない」とOKを出します。香坂はあす花が良いダシになっていると口にします。すると花巻社長は「いつダシがらになるかわからないけど」と、暗示するようなことを言います

弾とあす花の写真が拡散される

なるがプロデュースしたPVも好調♪なるのもとに行き、「8LOOMのためになってるじゃない」とあす花は伝えます。しかし、なるは「8LOOMのためになってるのかな?」といまだに憂いの表情でした。

まもなく、世間では大事件が起きていました。8LOOMYの間では弾とあす花が手をつないでいる写真が知れ渡ることに。そして「8LOOMY辞める」という声がネット上にたくさんあることを知った8LOOMメンバーたちは焦ります。

あす花の姉・優里(木南晴夏)も、あす花に電話し、ネットニュースになっていると伝えるのでした。香坂は弾に、このことを突きつけます。弾は「確かに俺はあいつが好きです、でも互いに励ましあう関係だ」と。

香坂は「世間の人たちはそんなふうには思わない」「8LOOMも仲町さん(あす花のこと)も貶められていくのよ」と。

のちに、なるは1人でいるあす花の前に現れます。「あす花さん、寮母辞めてもらえますか」「すぐに寮から出てってください」と伝えるのでした。

『君の花になる』7話ネタバレあらすじ感想「とうとう思いがあふれ出す弾」

2022.11.30

感想『君の花になる』8話「急上昇の8LOOMに最大のピンチ」

とうとう、弾とあす花の写真がパパラッチされてしまい、2人だけでなく、8LOOM自体が最大のピンチに陥っちゃいましたね

屋上で有起哉に偶然にもバレてしまい、8LOOMのメンバー内での話だけで収まるならまだしも、世間にバレちゃいましたからね~。どういう方向に行っちゃうのか気になります。

花巻社長のあす花に関してこぼしていた言葉は、後々を暗示しているようでした。加えて池谷・あす花会談ではフリースクールの話が出て来たので、このへんが今後の伏線になっているのかなぁと感じるところでした

見どころだったのは、自分のことを何もできないと思っていたなるが、あす花や弾のアドバイスもあり、徐々に再生して、映像制作で羽ばたく様子は何だか清々しいですね。それでもなお憂いの感じ取れる表情は、何かあるんだろうけど、気になっちゃいます。

最後になるがあす花に突きつけた言葉は、弾とあす花のことを思ってのことなのか?でも、だからと言って世間の8LOOMに対する風当たりが変わるとは思えないし・・・。いずれにせよ、最終章に向けてどんな展開になっていくのか?とても気になります

『君の花になる』7話ネタバレあらすじ感想「とうとう思いがあふれ出す弾」

2022.11.30



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です