シャドーハウス第2期3話あらすじネタバレ&感想「大掃除」


アニメ「シャドーハウス2期」3話はクリストファーが屋敷の中で、子供たちに『なぜすす掃除をしなければならないか』をお話ししているシーンから始まります。

マリーローズはクリストファーが大人たちの棟に行ってしまったら、子供たちをてなづけるのが難しそうだとぼやくと、彼はマリーローズとバーバラが想いを継いでくれるから心配ないと告げます。 そして回想に不穏なノイズが挟まりました。

シャドーハウス第2期2話ネタバレ&感想「最高の星つき」

2022.07.16

あらすじ&ネタバレ|シャドーハウス第2期3話「大掃除」

クリストファーが屋敷の中で、子供たちに『なぜすす掃除をしなければならないか』をお話ししているシーンから始まります。

物語形式だったためにこどもたちの反応はよく、各々感想を言い合っています。

マリーローズはクリストファーが大人たちの棟に行ってしまったら、子供たちをてなづけるのが難しそうだとぼやくと、彼はマリーローズとバーバラが想いを継いでくれるから心配ないと告げます。

そしてクリストファーの身に何かあったのではないかと思われる不穏なノイズが挟まり、OP曲が始まります。

回想は終わり、エミリコとケイトは修練の間に向かっています。

修練の間ではシャドーがすす能力をより向上させる特訓ができるので、ケイトは誰がどんな能力を持っているか確かめに行くつもりなのです。

その途中でルイーズとルゥに会い、ルイーズはすすでルゥの表情をより正確に操れるようになったことを自慢します。

普段喜怒哀楽のないルイーズがみせる表情は格別ですね、テヘペロなんかもしています。

修練の間に着くと、ケイトは双子のシャドー・イザベルとミラベルに声をかけられます。

すすの扱いに長けているケイトを敵視しているのか、品定めしているように彼女の周りを回っています。

彼女たちは媚びを売って、時期星付きの座を狙っていると噂される人物でした。

その時、突然エミリコが「わんわん」と犬の鳴き声を真似し始めました。

驚くケイトでしたが、これがイザベルとミラベルのすす能力だと気付き、ケイトも遠距離能力で二人を転ばせその場を後にします。

一方、パトリックはケイトとルイーズの二人が何をしているのか気になっています。

パトリックはすす能力が使えないため、修練の間には行けないのでケイトたちが何をしているのか知りたくてその辺をうろうろしていたようです。

そのことをルイーズに指摘され、動揺するパトリックでした。

次の朝、エミリコが起きると、同じ班のミアが生き人形たちは集められる喜びの会で、「すす入りコーヒー」が振る舞われることを嬉しそうに告げます。

エミリコは再び洗脳されないように、同じ班のローズマリー・ミア・ルゥに事情を説明しようとしますが、ローズマリーの様子がおかしいです。

すすを大量に体内に入れると、すす病となり生き人形は壊れてしまいます。

するとこびりつきがローズマリーから溢れだし、生き人形たちを襲い始めました。

エミリコはすす病になった生き人形に襲われますが、間一髪でショーンが助けます。

そんな中ミアもすす病にかかり、2階からは巨大なこびりつきまでもが現れました。

まるで『もののけ姫』の祟り神のような風貌で、これはさきほどの大量のこびりつきが一体化した姿のようで、つぶしてもまた再生してしまいます。

すると、ちょうどオリーが前回の改良型である『移動型煤回収機』を伴って現れました。

しかし中々扱いが難しいようで、研究班のナンシーの代わりにエミリコが名乗り出ます。

説明を受けたあと、オリーや他の生き人形たちと共に協力し巨大なすすを倒そうとします。

またこの混乱の際に、梁の上からフードを着た人物がその様子を見ており、ショーンとリッキーはあとを追いますが逃げられてしまいます。

さてエミリコたちは故障してしまった『移動型煤回収機』に四苦八苦していましたが、こびりつきも学習したのか、小さなこびりつきを発射して応戦してきます。

その時、バービーたち星付きが現れ援助します。

結局、エミリコは巨大なこびりつきを上から吸い込み倒すことが出来ました。

そしてなぜか騒動後に「すす入りコーヒー」の入ったビンを割ってしまった双子の生き人形・ベルたちはバービーたち星付きに連行されて行きました。

こうして喜びの会は中止となったのです。

どうやらこの騒動は、フードの人物が起こした出来事のようですが目的はなんなのでしょうか?

感想|シャドーハウス第2期1話「大掃除」

前回初登場した、最高の星付きであるクリストファーの人となりが分かる回でした。

多くの子供たちから慕われ、バーバラやマリーローズも信頼を置いていたのですね。

現在はバーバラたち現役が、クリストファーの名を呼ばないように徹底しているのは彼が何か裏切るようなことをしたのか気になります。

また、エミリコが前回オリバーが発明した『移動型煤回収機』を使って大きなこびりつきを退治していてかっこよかったです!

落ちてきた時に助けたリッキーとルゥ、そしてオリーに抱きつかれるエミリコを見てちょっと嫉妬するショーンが可愛かったです。

リッキーとルゥが「前にこんなことがあったような?」と思い出しかけているのは、お披露目回の時のことのようです。

最後に双子の生き人形が突然、「おじいさまのすす入りコーヒー」のビンを割ってしまったのには驚きました!

このコーヒーは希少で、多く作ることができないため、子供たちを洗脳するための手段がなくなってしまうことになります。

これで生き人形たちは少し普通の感覚を取り戻すのでしょうか?

また子供たちの棟の管理者であるエドワードたち大人の反応も気になりますね!

次回はなぜ双子が「おじいさまのすす入りコーヒー」を割ったのかが明らかになりそうですね!


こちらもオススメです





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。