『夕暮れに、手をつなぐ』1話ネタバレあらすじ感想「運命の出会い」


ジャニーズの大人気グループKing & Prince永瀬廉さん×名実ともに大人気の広瀬すずさん、今まさに旬な俳優2人の共演♪『夕暮れに、手をつなぐ』が、2023年1月放送スタート!

九州の田舎育ちのおてんば娘・空豆と、都会で育ったごく平凡な男子・音とがお互いに夢を追う「愛おしい時間」を描いた青春ラブストーリーです♪

ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』1月17日(火)放送の第1話ネタバレあらすじ感想についてまとめました。

 

 

ネタバレ『夕暮れに、手をつなぐ』1話「運命の出会い」

運命の出会い?

音楽を聴きながら街中を歩く海野音(永瀬廉)。横断歩道で、ある人物と肩がぶつかります。その人物とは浅葱空豆(広瀬すず)、宮崎の片田舎で育ったおてんば娘です。2人ともイヤホンを落とし、取り違えてことで、話をすることに。

すると、偶然2人は同じ音楽を聴いていたことが分かります。心の中で「運命の出会い」とつぶやいていた音ですが、空豆は彼氏の姿を見つけ、走って行ってしまいます。そして音は「運命の出会い、あっさり終了~」と心の中でつぶやくのでした。

しかし、運命により彼ら2人は何度も出会うことになります。街中で気に入ったメロディーを音がスマホに録音していると、そこに空豆がものすごい勢いで走って来たのです!

高速バスで爆睡し、目覚ましのため噴水で顔を洗い、さっぱりする空豆。音は彼女が先ほど会った人物だと気づいていました。そんな中、犬にほえられて、音は驚き、メロディーが入った大切なスマホを飛ばしてしまいます。

噴水に落ちようかと言う時、空豆が噴水の中に入り、スマホをキャッチ!空豆の濡れてしまった服を気にする音ですが、空豆自身はまったく気にしていませんでした。

 

婚約破棄

空豆は幼馴染で婚約者の矢野翔太(櫻井海音)と会います。はしゃいでいる空豆に、衝撃的な言葉が伝えられます。翔太は婚約破棄を言い出したのです。そのうえ、好きな人がいるとも。

絶望して一人、空豆は街中を歩いて行きます。彼女の中で、翔太との思い出がリフレインされます。小学校~高校のエピソードが描かれます。

高校卒業時には翔太が東京の大学に進学することで、遠距離恋愛になることに。それを踏まえて翔太はバイトでお金をためて買った婚約指輪を空豆の指にはめるのでした。

現実に戻り、翔太と別れたばかりの空豆はすごい行動に出ます。高級なホテルに行き、ホテルのクラークに一番高い部屋、そして松平健のディナーショーを要求、スイートルームに泊まることにします。その後も、中華レストランで爆飲爆食!

このレストランに音も偶然いました。音が所属している大手レコード会社「ユニバースレコード」のアーティストの発掘、育成担当・磯部真紀子(松本若菜)とディナーミーティングです。

音が席を外すと、空豆がいることに気づきます。空豆は音に絡みますが、音は彼女が気になりながらも、磯部のもとに帰ります。

 

凹んでいる空豆が一転・・・

その後、橋の上で指輪を外した空豆は欄干に身を乗り出します。そこに偶然、音が通りかかります。車のクラクションに驚き、空豆が指輪を川に落としてしまいます。

そのため前のめりになった空豆を見て、飛び降り自殺と思った音は空豆をつかまえます。靴だけが落ちて、空豆自身は助かりました。片方の靴がない空豆をおぶって音は彼女の泊まるホテルへ。

空豆の様子から、音は彼女が自殺してしまうのではないかと気がかりでした。そんな折、空豆のスマホに着信が!しかも、別れたばかりの翔太からです。最後には「幸せになってね」と言って電話をきりますが、突拍子もないことを言い出します。

「もう一度明日、翔太に会いに行く」と。大切なメロディーが入っているスマホを人質にして、空豆は音に一緒に翔太のところへ行くように脅迫。音はバックレるつもりでしたが・・・。

 

運命の歯車が回り出す

翌日、空豆が泊っているホテルのロビーに音は現れます。そして翔太のマンションに向かい、さらに彼の部屋に。部屋には翔太の彼女・七海(横田真悠)がいたのです。

そのうち、翔太も帰って来て鉢合わせになります。空豆ではなく七海を愛していると言い切る翔太に平手打ちを食らわせ、空豆は彼のマンションを出て行きます。

そこに実家から空豆に電話が!実家では空豆と翔太の結婚で盛り上がっていました。それゆえ、空豆は翔太と別れたことを言えませんでした。遅かれ早かれ、別れたことは伝えなければならないと諭す音。空豆は納得して、田舎に帰ると伝えます。

しかし、事件が起こります。宿泊や食事に散財してしまった空豆は、ある銭湯のサウナに入りっきり。そのうちにのぼせてしまいます。この銭湯は、音の大家さんである雪平響子(夏木マリ)がオーナーでした。

行く当てもない空豆を、響子は家に連れて来ます。何も知らない音は、響子が連れて来た女の子が空豆であったことにビックリ。そして空豆も音を見てビックリするのでした。

 

感想『夕暮れに、手をつなぐ』1話「運命の出会い」

音を演じている永瀬廉くんの、あの雰囲気がいいですよね~♪空豆が一緒にいるから余計に感じるのかもしれませんが、なんとも都会のにおいが(笑)。

感情がうまく表に出せない感じがしますが、めっちゃ良い人なんだろうなぁ~って感じます。新しい一面の廉くんが観られたようでラッキー♪って思っちゃいました。

私的に「ここっ!」っていうのは、音が空豆の泊まっている部屋でのやり取りですね。音のさりげない優しさがにじみ出ているようで、とってもグッド♪また、広瀬すずちゃんが演じる空豆もインパクトありまくりです!やることや言うことが、豪快と言うか、ハチャメチャと言うか(汗)。

対照的な2人の掛け合いに目が留まる視聴者も多いだろうなぁと思います。私も何気にググっと引き込まれました。

笑いもわすれていませんでしたね。特に印象に残るのは、空豆がすごいマンションを見て、そこに音が住んでいると勘違いしたシーン。豪華なマンションを見ていきなり「おいと結婚すっか」と言い出す空豆にも笑えましたし、彼女に即行で「やだ」と返す音にも笑えました。

今後、この2人がどのように愛を育んでいくのか?注目したいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です