『親愛なる僕へ殺意をこめて』1話ネタバレ感想「エイジは何者?衝撃的な姿」


大人気ジャニーズ山田涼介さん主演ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』が2022年10月からスタートしました。

連続殺人犯を父に持つ主人公がまさかの二重人格。そこから驚愕の事実が発覚するまさかの連続、どんでん返しストーリーが楽しめるミステリー作品です。

10月5日(水)放送一話のネタバレ感想についてまとめました。

ネタバレ『親愛なる僕へ殺意をこめて』1話「エイジは何者?衝撃的な姿」

物語のはじまり

15年前、売春婦ばかりが殺害される事件が発生します。この事件の犯人はLL。のちに八野衣真(早乙女太一)だと分かります。彼の最期は、自分に火を放ち、焼身自殺というものでした。しかし彼は死の前に謎のメッセージを残していたのです。

主人公エイジとは

LLには1人の息子がいました。それが浦島エイジ(山田涼介)、このドラマの主人公です。お気楽な大学生活を楽しんでいました。そして京花(門脇麦)という彼女もいました。外見は幸せそうでしたが、エイジは自分の幸せはそう長くは続かないと心の片隅で思っていました。

LL事件が発生

事件が発生。現場に刑事の桃井(桜井ユキ)がやって来ます。ブルーシートの中にはものすごい拷問の痕のある遺体が。殺害された女性は畑葉子(浅川梨奈)。「LLが戻って来やがった」桃井は直感するのでした。

なぜ札束が!

朝、目を覚ますエイジ。本に足を滑らせ、押し入れに頭をぶつけると1万円札が目の前に。妙に思い、天袋を開けてみるとそこには驚くほどの札束があったのです。

3日分の記憶が・・・

エイジが大学に行くと京花に「3日分のノート」と言って渡されることから始まり、自分に身の覚えのない友達との約束、3日間の記憶がすっぽりと抜けていることに気づきます。札束もその間に・・・と思っていたエイジのもとに桃井たちが現れます。

桃井が突きつける真実

エイジに畑葉子の拷問殺害、さらに彼女は売春をしていたと桃井は告げます。加えて、「あなた、殺人鬼LLの息子よね?」と問い詰めるのでした。

何が何だか分からく、混乱し、パニックに陥るエイジ。すると、畑葉子とエイジが会っている動画を桃井は見せます。そして「畑葉子はお前の彼女だよな」と突きつけます。

大変なものを手にしていた!

記憶が飛んでいる自分に不安を募らせるエイジ。汗を拭いたハンカチには血痕、そして開いてみると人間の耳が!一方、桃井は犯人像からエイジはかけ離れているとしながらも、引っかかっていました。徹底的にエイジを調べることにします。

京花という大切な存在

エイジのもとに京花がやって来ます。札束や血の付いた金属バットを焦って隠すエイジ。京花と食事中に、今までのことを打ち明けようとするも、出来ませんでした。記憶がない3日間の想像を話すことで、京花を失うことが怖かったのです。

京花が帰って行くと、エイジの辛い過去のエピソードが語られます。殺人鬼LLの息子としての幼少時代のいじめや、母親の自殺という陰惨な経験をしていました。それゆえ、その時楽しければOKという人生を過ごして来たエイジ。

ですが、京花の出現で、エイジの人生が変わったのでした。育ての親である浦島亀一(遠藤憲一)・珠代(阿南敦子)夫妻にものちに京花を紹介する話をしていました。

二重人格に気づくエイジ

エイジは一人、部屋なのかにいると、図書館のカードを手にして、何かきっかけを感じました。そしてその図書館に行くエイジ。自分が借りていた本は二重人格の本ばかりだったのです。

そうなら全ての説明がつくと、自分が二重人格であると気付きます。葉子を殺したのは自分かもしれないと思い始めます。

新しい展開

しかし、両親、京花をはじめ、だれもエイジが二重人格だと気付いていない様子でした。時系列で自分の行動を整理していると、1本の電話が。

天袋に証拠の品を隠していると、エアコンの上に隠しカメラをエイジは見つけます。データを全てみたいところでしたが、迎えに来たメンツが早く来いとエイジをせっつきます。

半グレ集団「SKALL」

彼を呼び出したのは半グレ集団「SKALL(スカル)」でした。招待され、スカルのメンバーと焼き肉をするエイジ。その前には裸で拘束された男がいました。スカルはデートクラブという名の売春組織を経営していました。

しばらくして現れたのはリーダーの佐井(尾上松也)。拷問器具を手にして、拘束している男の指を切断してしまいます。自分たちのカネに手を付けたからという理由でした。LLの息子であるエイジを歓迎する佐井たちスカルのメンバー。LLの殺人を正当化し、心酔している様子でした。

カネの行方は?

スカルのカネを奪った犯人は2人組。金額は6,000万だと判明します。すると、1人3,000万と気づき、自分の部屋にあった札束も合計3,000万だったことから、犯人の一人は自分だと思うエイジ。焦りまくりです。

トドメを刺すように「犯人はこの中にいる」と言う佐井。殺害された葉子はカネをくすねた仲間の一味だったのですが、実行犯の名前を口にすることはありませんでした。そこで、彼女のスマホを調べると、頻繁に連絡を取っている者がいることが判明します。

その電話番号は自分のものだと思っているエイジは「もう逃げられない」とビビりまくります。とうとう佐井は電話をかけます。すると鳴ったのはエイジの隣に座っていた男のスマホでした。

襲撃とは関係ないと言う男でしたが、他にももう1人、男がいたはずなので、彼に問い詰めます。男は本当に知らないようでしたが、佐井はお構いなしに制裁を下します。

LL事件の再来

警察では桃井が猿渡(高嶋政宏)に、スカルが関係していると提言します。LLが戻って来たのではないかと思っている桃井でしたが、猿渡は「LLは死んだ」ときっぱり言うのでした。解決したLL事件を、また自分たちが受け持つことになるという運命としか言いようがない身の上の猿渡と桃井でした。

一線を超えてしまった

大学にエイジが行ってみると、友人たちには冷たい対応をされます。構内にもエイジがLLの息子だと知っている者たちがたくさん現れたのでした。この事実を京花に聞かれたくなかったエイジでしたが、心無いヤツラに言われてしまいます。

エイジの決断

一人、エイジが部屋で落ち込んでいたら、京花がやって来ます。彼女はいつもと変わらない様子でエイジと接してくれました。そんな彼女を見て、真実と向き合う決意をするエイジ。そして翌朝、京花に別れを告げます。京花を守り抜くためには、これしか方法がないと思ったのです。

エイジ監禁される

エイジは記憶のない3日間の自分の足取りを追い始めます。そして財布にあったデートクラブのメンバーズカードを見つけます。サイトにアクセスして気になるイヤリングをしている女性を発見。それはナミ(川栄李奈)という女性でした。

呼び出してみて、しばらくするとエイジはナミによってスタンガンで気絶させられてしまいます。エイジは手錠で監禁され、ナミに「葉子を殺したのはあなた?」と問い詰められるのでした。

何も分からないエイジですが、葉子の恋人だったのだからとナミは取りあわずに脅しまくります。営業のタイムアップとなり、ナミはそそくさと出て行ってしまいます。

ナミと葉子

ナミは自分の部屋に戻ると、葉子との楽しい思い出が去来し、涙します。そんな中、デートクラブから「指名が入った」と連絡が入ります。

エイジによる拷問が始まる?

エイジは何とかホテルから出て来ると、佐井から電話が。行ってみるとそこには椅子に拘束された男がいました。さらに、いたぶられ、倒れているナミの姿も!そんな2人を前に、佐井はエイジがどんな拷問を見せてくれるのかと嬉々としていました。エイジは拷問器具を手にして・・・

感想『親愛なる僕へ殺意をこめて』1話「エイジは何者?衝撃的な姿」

ショッキングな事件から始まりましたね。拘束した女性を拷問して殺害というセンセーショナルな映像がインパクト大です!また過去のエピソード、殺人鬼LLが自らに火を放って自殺するシーンもかなり目に焼き付いちゃいます。

その後、黒歴史を隠し、平穏に生活していた主人公エイジに異変が!3日間も記憶が飛んでいるって・・・激ヤバでしょ。しかも、自分の知らない自分が殺人を犯しているのかもって(汗)。

それから、こんな切羽詰まった状態で、自分自身が理解できないエイジが、ハンカチを取り出すと血痕が!それだけならまだしも、ハンカチを開いてみると、削ぎ取られた人間の耳が!これは衝撃的です!

自分が二重人格であることに気づいたエイジがどうなるのかと思っていたら、新展開がやって来ました。半グレ集団「SKALL」との関係です。この集団のリーダー・佐井の言動もまたえげつない。ものすごい存在感です。

エイジの実の父親が八野衣真(殺人鬼LL)であることを知っているし、LLに心酔している狂気の様子にも圧倒されますよ~。佐井役の尾上松也さん、コメディータッチの役をすることも多いですが、今回はアクが強い。狂気に満ち満ちています。

主人公エイジ役の山田涼介さん、さすがジャニーズの中でピカイチの演技力、見ていると作品に私たちをひき込んでくれます。

二重人格の表面が「エイジ」で裏面が「Bイチ」という点にはクスッと笑えますが、今後どうなって行くのか、本当にエイジが葉子を殺害したのか、気になりますね~。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です