『親愛なる僕へ殺意をこめて』3話ネタバレ感想「最終決戦!エイジVS佐井」


大人気ジャニーズ山田涼介さん主演ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』が2022年10月からスタートしました。

連続殺人犯を父に持つ主人公がまさかの二重人格。そこから驚愕の事実が発覚するまさかの連続、どんでん返しストーリーが楽しめるミステリー作品です。

10月19日(水)放送第3話のネタバレ感想についてまとめました。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』2話ネタバレ感想「半グレ・スカル殲滅計画」

2022.10.13

『親愛なる僕へ殺意をこめて』1話ネタバレ感想「エイジは何者?衝撃的な姿」

2022.10.06

ネタバレ『親愛なる僕へ殺意をこめて』3話「最終決戦!エイジVS佐井」

白菱の証言

葉子(浅川梨奈)への暴行動画を撮影し、保存していた白菱(佐野史郎)は、彼女を殺したのは佐井(尾上松也)だとエイジ(山田涼介)とナミ(川栄李奈)に伝えます。

半グレ集団「スカル」からカネを奪ったエイジのもう一つの人格・B一、白菱、葉子の3人は現金襲撃事件のチームだったのです。

カネを奪った後、しばらく会わないでおこうと決めて別れた後に駐車場に向かうと、葉子が佐井に連れ去られのだと白菱は説明します。そんな白菱に対して、ナミは「なんで警察に行かなかったのか」と怒ります。エイジも同様でした。

しかし、白菱は「君がしばらく様子を見ようと言ったんじゃないか」とエイジに言うのでした。そして、今からでも遅くないので、盗んだ現金を持って、警察に行くと言い、白菱は警察署に向かいます。

京花の命がかかったエイジと佐井の取引

白菱が出て行き、2人になるとエイジとナミ。ナミはB一が本気で葉子を守ろうとしていたと分かったので、エイジのせいでこうなったのではないと伝えます。このままカネを佐井に渡さなければスカルがつぶれるから、しばらくカネを自分のもとに置いておくことにエイジは決めます。

すると、エイジのスマホにメッセージが!一方、白菱は警察署の前まで来ていました。白菱にナミから連絡が入ります。警察にはいかないように言われる白菱。エイジのスマホに送られてきた動画は、京花(門脇麦)の拘束動画でした。送って来たのは佐井です。いったん、白菱は戻って来ます。

さらにエイジのもとに佐井から電話が入ります。佐井は、カネを盗んだのはエイジだと分かっていたのです。京花を助けたい一心もあり、エイジは自分が犯人であると告げます。1時間以内に佐井とエイジは会い、カネを返すやことに。さもないと京花は殺されてしまいます。

エイジは白菱の持っていたカネと自分の持っているカネを抱え、佐井のもとに走ります。しかし、エイジは途中で良い方法を思いつきます。ナミに電話し、そのことを伝えます。その後、ナミと会って、スカルをつぶす計画を伝えるエイジ。

計画がばれたらエイジは確実に殺される、カネを返せば京花がかえってくるのだから、そうするようにナミは勧めます。すると、自分の親が殺人鬼LLであり、今までの半生をエイジは語り、自分と似たような境遇だから、ナミには心から笑っていて欲しいと言うのでした。

佐井が探しているものとは!?

エイジは佐井が待つスカルのアジトに行きます。外ではナミと白菱がスタンバイしていました。カネを返したエイジですが、佐井は「返せよ」と。エイジは、すっかりとカネのことだと思っていました。

しかし、佐井の目的は違いました。デートクラブ「アリス」の顧客リストのことを言っていたのです。6,000万襲撃の裏で、葉子を動かして顧客リストを盗ませたとエイジに突きつける佐井。部下に京花を殺すように命令しようとすると、エイジは「リストは家にある」と言い出します。エイジを連れ、佐井はエイジの部屋に向かいます。

エイジ、危うし

部屋でリストを捜しているふりをしてエイジはナミに電話。顧客リストのことを話します。佐井の話を聞き、顧客リストが入っているべきファイルの中は何もなかった理由が分かったのです(顧客リストがファイルにない件に関しては第2話を参照ください)。

少しするとエイジの部屋に佐井が入って来ました。部屋にリストがあるというのは嘘だと分かり、「次にうそをついたら京花を殺す」と佐井はエイジに最後通告。焦るエイジは「別の場所にある」と苦し紛れに。さらに「京花の無事が確認できない限り、リストを渡さない」とエイジは言うのでした。

この時点で、エイジはスマホの位置情報をナミと共有していました。佐井がエイジを京花の居場所に連れて行くだろうから、その位置情報で居場所が分かるという考えでした。

しかし、問題が発生!佐井はエイジの考えをお見通しのようで、スマホを部屋に捨て、エイジを連れて京花の監禁されている廃工場に向かいます。

エイジVS佐井、ラストバトル

廃工場に到着すると、そこには京花が監禁されていました。リストのありかが本当にわからないエイジに対して、佐井は「ここに来れば、口を割ることになる」とニヤリ。あたりにはたくさんの拷問器具があるのです。佐井はエイジに拷問を開始します。

リストのありかを吐くまで拷問し続ける気の佐井。しばらくすると、佐井の背後から角材で殴る人物が!京花でした。殴られて、佐井は気を失います。すかさず京花はエイジを助けます。助かったことで一時の安心、2人は抱き合います。

脱出するために気を失っている佐井に近寄り、自動車のカギをとろうとする京花。すると佐井は目覚めてしまいます。そして京花を吹っ飛ばします。京花を守るエイジに佐井は「なぜ守ろうとするのか、後で殺すつもりだろ」と言い放ちます。

佐井は、葉子の時と同じようにエイジが京花を利用するだけ利用して、最後にはひどい拷問をして殺すと思っているのです。なぜなら佐井は、自分が葉子を殺す前に誰かに連れ去られたこと、目を離したすきに葉子を連れて黒いバンに乗って行ってしまった人物の存在、その後に葉子は拷問されて殺されたことを佐井は話します。そしてその人物こそがエイジだと。

エイジの首を吊るし、最後の3分を与えます。死ぬか、リストのありかを吐くかどちらか。それでも話さないエイジ、「死ね」と言いながら佐井はエイジの首を締め上げます。すると、力ないながら「俺の勝ちだ」とエイジの声が。間もなくパトカーのサイレンが聞こえてきました。

位置情報を教えるスマホを捨ててきたのになぜ?と思う佐井。実はエイジはカネの入ったボストンバッグにキーホルダーをつけ、そのキーホルダーの中にGPSを仕込んでおいたのでした。

警察が入って来るや否や、驚きの光景が!佐井が拳銃で心臓を撃ち抜かれたのです。発砲した人物は何と、桃井(桜井ユキ)でした。

エイジと京花、2人は新たな局面へ

佐井との戦いは終わりました。エイジと京花は2人きりで話をします。エイジは「僕は本当に人を殺しているかもしれない」「僕は二重人格なんだ」と京花に打ち明けます。京花は、エイジに突然の別れを切り出され、嫌われたと思っていたので、彼の告白に少しホッとしました。

そしてエイジに好きかどうかを訊く京花。すると「君ほど大切なものはない、だからこそ一緒に居られない」とエイジは伝えます。そんなエイジに対して、京花は一大決心をします。「B一のことを調べる」「B一と話してみる」と言い出したのです。

秘密を打ち明けたエイジ、それを受け止めた京花、2人はもとの絆を取り戻すのでした。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』2話ネタバレ感想「半グレ・スカル殲滅計画」

2022.10.13

『親愛なる僕へ殺意をこめて』1話ネタバレ感想「エイジは何者?衝撃的な姿」

2022.10.06

感想『親愛なる僕へ殺意をこめて』3話「最終決戦!エイジVS佐井」

エイジVS佐井のラストバトル、決着がつきましたね~。拷問器具に拘束されるエイジ、ヒヤヒヤしました(汗)。バトルの主導権がかわるところは、お約束ですが面白いです。エイジがしかけた位置情報のブービートラップ、そして本命のGPSを仕掛けておいたことなど、佐井を出し抜く様子は感心しました。エイジ、頭いいです~♪

それにしても、佐井が気を失っているそばで、エイジと京花には、抱き合って安心してないで、早く逃げて!って言いたくなりました。ホラー映画なんかでよくあるシチュエーションですよね。

最後に京花が「B一のことを調べる」「B一と話してみる」って言っていたので、次回からエイジの内面と向き合うことに!どんな展開が待ち受けているのか期待です。

それから、このドラマ、ちょっと考察系入ってるのかな?怪しい人物や怪しい点がいくつか感じられました。1つ例を挙げるとすると、エイジたちを助けに来た警察の桃井です。佐井を見つけるや否や彼を撃ち抜いていましたが(汗)。

過去に殺人鬼LLの事件にかかわっていたことのトラウマと言えばそれまででしょうが、本当にそれだけなのかな?って思ってしまいました。ま、まさか!口封じ?何のために?とか想像が膨らみます。みなさんも怪しいって感じた場面や人物がありませんでしたか?

『親愛なる僕へ殺意をこめて』2話ネタバレ感想「半グレ・スカル殲滅計画」

2022.10.13

『親愛なる僕へ殺意をこめて』1話ネタバレ感想「エイジは何者?衝撃的な姿」

2022.10.06



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です