『silent』6話ネタバレあらすじ感想「不安が増していく奈々!想への思いが」


大人気ジャニーズ目黒蓮さん出演ドラマ『silent』が2022年10月からスタートしました。

完全オリジナル脚本による切なくも温かいラブストーリーを、今を時めく目黒蓮さんが演じるということで大注目の作品です。

11月10日(木)放送第6話のネタバレあらすじ感想についてまとめました。

『silent』5話ネタバレあらすじ感想「紬と湊斗の別れ、そして物語は第2章へ」

2022.11.04

『silent』4話ネタバレあらすじ感想「涙腺崩壊必至!湊斗が下した決断とは?」

2022.10.28

ネタバレ『silent』6話「不安が増していく奈々!想への思いが」

苦しさを打ち明ける想

大学ではフットサルに同期の学生から誘われるものの断り、自転車に乗っているとイヤホンだと思われ、警察に注意される想(目黒蓮)。どんどん1人だけの世界になってしまうように感じていました。

そんな中、ろう者・難聴者対象の就職セミナーに出席します。エレベーターに乗ると女の子が1人。彼女が奈々(夏帆)でした。セミナーでは、友達と一緒にいた奈々でしたが、一人きりでいる想を気にして、やって来ます。

このころまだ想はしゃべっていて、手話もわかりませんでした。人と関わろうとしない想は「(気にしてくれなくて)大丈夫だ」と伝えますが、奈々は想の心を見透かしてか「話したいって顔してた」と筆談を始めます。

すると、想は自分の現状を話し始めます。「友達」の話になると、想は聞かれたくないからか、そそくさと荷物をまとめて立ち去ろうとします。

それを見た奈々は「(話を)聞くよ」と手を差し伸べます。想は補聴器を付けたことで、「すみません、すみません」と言うことが多くなったことを打ち明けます。

また、大学はスポーツ推薦でしたが、難聴のために声が聞こえず、チームプレーができないというレッテルを貼られてしまうことも。辛い胸の内を口に出す想は「誰かに話だけ聞いて欲しかった」と打ち明けます



自分は違うと思っている想

奈々はただただ想の話を聞いてあげました。「自分は生まれつき耳が聞こえない、でも幸せ」と伝えるのでした。「音のない世界は、悲しい世界じゃない」と続けます。想は彼女に静かに生きていけることを教えてもらったのでした。

のちに友達の美央(那須映里)を想に紹介します。奈々が席を外した時に、美央は「ろう者の友達が来る」と想に伝えます。それを聞いた想はその場から立ち去ってしまいます。彼を追いかけてくる奈々。

想は「自分はまだ聞こえるから」と、奈々たちろう者と線引きをしてしまったのでした。奈々は、一人ぼっちの想に、友達を作った方がいいと思っていたので、自分の友達を呼んでいたのでした。線引きをした想に対しても「ごめんね」と優しい奈々は謝り、帰って行きます。

登場人物、それぞれの様子

想と紬

想が紬(川口春奈)と食事をしているところに、奈々からの電話が。想は紬に電話に出るようにお願いします。紬が電話に出ると、奈々はすぐに電話を切ってしまいました。

想は奈々のことを話し始めます。「高校卒業してからの唯一の友達だ」と。すると少し不安になった紬は「ほんとに友達・・・」と独り言ちるのでした。

奈々

想が心配な奈々は、彼を捜しに街に出ます。そして彼を見つけると、遠くからメッセージを送りました。直後に想の前に現れた女性が!紬でした。一緒に歩いていく2人。その姿を見た奈々はショックを受けます。

想と湊斗

想と湊斗(鈴鹿央士)が焼き肉店で。「元気そうだな」と想が切り出すと、「元気だよ、フッた側なんでね」と冗談を言う湊斗。湊斗は想と奈々の間柄が気になります。想の答えは「二人で会う唯一の友達」というものでした。

紬と春尾

手話教室では、春尾(風間俊介)が湊斗のことを紬に問います。実は湊斗を知っているとを打ち明けます。そして「(紬と付き合っていた)3年間楽しかったそうですよ」と。紬も同様でした。次に春尾は想のことを訊きます。紬は「好きな言葉をくれますね」と答えるのでした。

佐倉家

想の実家・佐倉家では、母・律子(篠原涼子)が、想の持っているCDを捨てるように言いますが、妹・萌(桜田ひより)は「自分がもらう」と言い出します。父・隆司(利重剛)と一緒に段ボールの中にあるCDを見て、萌の目には涙があふれるのでした。



想への気持ちがあふれる奈々

想は紬と待ち合わせをしていました。紬は「聞きたいことがある」と切り出します。「電話をかけてきた人はどんな人なのか?」と。紬は奈々のことが気になっていたのです。想は「すごく大切な人、だからちゃんと向き合わなきゃ」と。

その奈々のスマホには「明日会わないか?」との想からのメッセージが入ります。彼女は嬉しさのあまり笑顔がはじけます。そして奈々と想は直接会うことに。想が話をしようとすると、奈々はそれを避けるようなしぐさになります。

とうとう2人が紬のことに触れます。奈々は想への気持ちがあふれてしまい、紬には耳の聞こえない想の気持ちは分からないとまくしたててしまいます

奈々の切ない思い

奈々はお気に入りのバッグを手に、想に電話します。お互いを見つけ、手をつなぎ楽しそうに歩いて行きます。ここで目覚める奈々。先ほどの光景は夢でした。

奈々は紬に会いに行きます。カフェに場所を変え、2人は話をすることに。会話が進むと、奈々は「プレゼントを使いまわされた気持ち」と言い出します。そして、想の声を聴いたことがある紬がうらやましいと感じているのでした。

「恋がかなったとしても、自分には(声を聴くという)夢は叶わない」と紬に伝えます。さらにぽろっと「恋も叶いそうにないんだけどね」と。いたたまれなくなった奈々は、その場を出て行きます。

涙しながら歩いていく奈々。学生時代の想との思い出がよみがえります。「奈々と手話だけで話せるようになることが目標だった」と伝える想。奈々は笑顔で「まだ下手だけどね」と伝えますが、想は「奈々にだけ伝わればいい」と。

時間は現在に戻り、歩いている奈々を見つけた想が駆け寄ります。すると聞こえないけれど、電話を耳にして涙が止まらない奈々。そんな2人を紬は目撃してしまい・・・

『silent』5話ネタバレあらすじ感想「紬と湊斗の別れ、そして物語は第2章へ」

2022.11.04

『silent』4話ネタバレあらすじ感想「涙腺崩壊必至!湊斗が下した決断とは?」

2022.10.28

感想『silent』6話「不安が増していく奈々!想への思いが」

前回、湊斗と別れ、これから紬は想と新章に突入と思われましたが、いやぁ~切ない。想に寄り添っていた奈々が、こんなにも想のことが好きだったなんて!紬が湊斗と別れたことで、想とよりを戻すという予感がして、めちゃめちゃ不安に感じたんでしょうね

聴者の紬と耳が聞こえない想とではうまくいくはずがないとまで言ってしまって・・・。今までの彼女だったら、そんなこと言わないでしょうから。

それだけ奈々にとっては想がとても大切な人、かけがえのない人、心の中を大きく占めている人なんでしょうね聞こえないものの、聞こえるふりをしてスマホを耳に当てる奈々の目に涙があふれ出てくるシーンでは、もらっちゃいます。とても切ない。

その直前の回想シーンに、奈々に「手話がまだ下手だね」と指摘されても、想の「奈々にだけ伝わればいい」との言葉が心に刺さりました~♪こんなこと言われたら・・・って思っちゃいますよ。

とにかく今回は奈々の一挙手一投足を見て欲しいですね。想は紬と奈々のどちらと寄り添うことになるのでしょうか?定番だと紬だと思いますが・・・。

それから気になったのは、想の母・律子です。彼女は想に関して何か隠しているのかな?って感じるのですが、読者のみなさんはどうでしょうか?



『silent』5話ネタバレあらすじ感想「紬と湊斗の別れ、そして物語は第2章へ」

2022.11.04

『silent』4話ネタバレあらすじ感想「涙腺崩壊必至!湊斗が下した決断とは?」

2022.10.28



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です